PR
スポンサーリンク
You can translate this page here.

「スープ入り焼きそば」ってなに?おすすめのお店は?那須塩原の名物グルメ

スープ入り焼きそば 旨いもの
スープ入り焼きそば?想像イラスト
この記事は約12分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

栃木県那須塩原市には、他では見られないユニークなご当地グルメ「スープ入り焼きそば」があります。この料理は、名前の通りスープと焼きそばが一体となった一品で、地元の人々にも観光客にも愛されています。今回は、この「スープ入り焼きそば」の魅力やおすすめの店舗、そして家庭でも作れるレシピをご紹介しますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スープ入り焼きそばの歴史と特徴

スープ入り焼きそば

スープ入り焼きそば?想像イラスト

スープ入り焼きそばは、那須塩原地域で長年にわたって愛されてきたB級グルメです。この料理の起源は昭和時代にさかのぼり、焼きそばにスープを加えることで誕生しました。見た目はラーメンのようですが、実際には炒めた焼きそばがスープに浸かっています。その特徴的な味わいと、熱々のスープが体を温めてくれるのが魅力です。

スープは醤油ベースで、焼きそばのソースと見事に調和しています。具材にはキャベツや鶏肉、紅しょうがなどが使われ、食感や風味が絶妙です。特に、那須塩原の「こばや食堂」と「釜彦」が有名で、どちらも多くのファンが訪れる人気店です。

スープ入り焼きそばの起源

スープ入り焼きそばの起源は、那須塩原の食堂「こばや食堂」が発祥とされています。この食堂は昭和30年代に創業し、地元の人々に愛される店として知られています。創業当時、焼きそばとラーメンが人気メニューであり、この二つの料理を組み合わせることで新たな味わいを生み出しました。その結果誕生したのが「スープ入り焼きそば」です。

初めは地元の人々に向けて提供されていたこの料理は、その独特な味わいが評判となり、次第に観光客にも知られるようになりました。現在では、那須塩原の名物料理として広く認知されています。

スープ入り焼きそばの特徴

スープ入り焼きそばの最大の特徴は、やはりそのスープです。醤油ベースのスープは、焼きそばのソースと見事に調和し、深い味わいを生み出します。スープの辛みと酸味が絶妙で、食べると体が温まるのが魅力です。

具材にはキャベツや鶏肉、紅しょうがなどが使われ、これらがスープと焼きそばの麺に絡んで絶妙な食感と風味を楽しむことができます。特に、那須塩原の「こばや食堂」では、揚げた麺がトッピングされており、これがまた食感にアクセントを加えています。

地元での人気と観光客への魅力

那須塩原のスープ入り焼きそばは、地元の人々だけでなく観光客にも大変人気があります。特に「こばや食堂」や「釜彦」といった名店では、週末や観光シーズンには多くの人々が訪れ、行列ができることもしばしばです。

また、地元のイベントやフェスティバルでもスープ入り焼きそばは提供され、多くの人々がその味を楽しんでいます。この料理は、那須塩原を訪れる観光客にとって欠かせないグルメ体験となっています。

さらに、スープ入り焼きそばは家庭でも楽しむことができるため、観光客が那須塩原を訪れた際にレシピを持ち帰り、自宅で再現することも多いです。そのため、那須塩原の名物料理として、地元の文化を広める役割も果たしています。

 

おすすめの店舗紹介

那須塩原でスープ入り焼きそばを楽しむなら、次の店舗がおすすめです。

それぞれの店には独自のこだわりがあり、訪れるたびに新しい発見がありますよ。那須塩原の魅力的な店舗を紹介しますね。

まずは「こばや食堂」。地元でも有名で、観光客にも大人気のお店です。続いて、「釜彦」という、こちらも多くのファンがいる名店です。それぞれの特徴とおすすめポイントを詳しく見ていきましょう。

どちらのお店も、訪れる価値がありますよ。次回の那須塩原訪問の際には、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

こばや食堂

「こばや食堂」は那須塩原市で最も有名なスープ入り焼きそばのお店の一つです。スパイシーで全身温まる焼きそばは、一度食べるとやみつきになる味わいです。麺の歯ごたえとスープの風味が絶妙で、何度もリピートしたくなる一品です。

このお店の特徴は、スープがやや辛めで、ひとくち食べるとやみつきになるところです。紅しょうがと炒めたキャベツが具材として入っており、トッピングには揚げた麺がのっています。また、セットでごはんもついているのが嬉しいですね。

「こばや食堂」のスープ入り焼きそばは、特に寒い季節におすすめです。スパイシーなスープが体を温めてくれるので、寒い冬の日にはぴったりです。お店はランチタイムに特に混雑するので、少し早めに訪れると良いでしょう。

このお店の雰囲気もとてもアットホームで、スタッフの対応も親切です。地元の人々にも愛されているため、訪れると那須塩原の温かさを感じることができます。

営業時間は11時00分から14時30分まで。予約はできないので、並ぶ覚悟が必要ですが、回転が速いのでそれほど待たずに入れることが多いですよ。

ぜひ、「こばや食堂」で那須塩原のスープ入り焼きそばを堪能してみてくださいね。

 

 

実は家庭で楽しめる「こばや食堂のスープ入り焼きそば」が楽天市場で販売されているんですよね!

釜彦

「釜彦」も那須塩原で人気のあるスープ入り焼きそばの名店です。キャベツや鶏肉、なるとなどのシンプルな具材が使用されており、焼きそばの香ばしさと熱々のスープがクセになる味わいです。観光ついでに立ち寄ってみるのもおすすめです。

このお店のスープ入り焼きそばは、具材がたっぷりでボリューム満点。麺の食感がもちもちしており、スープとの相性も抜群です。特に、炒めたキャベツのシャキシャキ感がたまりません。

「釜彦」のスープは、醤油ベースでありながら、独自のブレンドで深い味わいを持っています。ひとくち食べると、口の中に広がる旨味と香ばしさが絶妙です。こちらも冬にぴったりの一品で、温かいスープが体をしっかりと温めてくれます。

店内は広々としており、家族連れでもゆったりと食事を楽しむことができます。地元の人々にも愛されている理由がよくわかりますね。

営業時間は11時00分から14時30分までで、こちらも予約はできませんが、比較的待ち時間は少ないです。観光客も多く訪れるため、那須塩原に来た際にはぜひ立ち寄ってみてください。

「釜彦」で那須塩原のスープ入り焼きそばを楽しんで、思い出に残る食事を体験してみてくださいね。

 

 

 

家庭で楽しむスープ入り焼きそばの作り方

家庭でも簡単にスープ入り焼きそばを作ることができます。以下は基本的なレシピです。

材料の準備

まずは材料を揃えましょう。新鮮な食材を使うと、より美味しく仕上がりますよ。

焼きそば麺は2玉を用意してください。麺はもちもちとした食感が美味しいです。

キャベツは1/4個をざく切りにします。シャキシャキ感がアクセントになりますね。

鶏肉は100gを一口大に切ります。鶏肉の旨味がスープに染み出します。

紅しょうがは適量用意し、味の引き締めに使います。

調味料として、中華スープの素小さじ2、醤油大さじ2、水500mlを用意します。

最後に、サラダ油大さじ1とウスターソース適量を準備します。これで準備は完了です。

下ごしらえ

材料が揃ったら、次は下ごしらえをしましょう。キャベツ鶏肉はそれぞれ適当な大きさに切ります。

キャベツはざく切りにし、鶏肉は一口大に切ります。切り方によって食感が変わるので、お好みで調整してくださいね。

紅しょうがは刻んでおきます。こちらもお好みで量を調整してください。

焼きそば麺は袋から出し、軽くほぐしておきます。炒める際にダマにならないようにするためです。

調味料も計量しておくと、調理がスムーズに進みますよ。

準備が整ったら、いよいよ調理開始です。

調理開始

まずは鍋にサラダ油を熱し、鶏肉とキャベツを炒めます。中火で炒めると、具材に火が通りやすいです。

キャベツがしんなりしてきたら、次に水を加えます。そして中華スープの素と醤油を入れ、スープを作ります。

スープが煮立ったら、火を弱めて煮込みます。この時、アクを取ると澄んだスープになります。

別のフライパンで焼きそば麺を軽く炒め、ウスターソースを絡めます。香ばしい香りが食欲をそそりますね。

麺が炒まったら、器に盛り付けます。スープができたら、焼きそばの上に注ぎます。

最後に紅しょうがを添えれば、完成です。熱々のうちにお召し上がりください。

美味しく作るコツ

スープ入り焼きそばを美味しく作るためのコツをご紹介します。

まず、麺を炒める際にしっかりとほぐしておくことが重要です。ダマにならないようにしましょう。

スープを作る際には、アクをしっかり取ることがポイントです。これでスープが澄んで美味しくなります。

具材を炒める時は中火でじっくりと炒めると、野菜の甘みが引き立ちます。

ウスターソースはお好みの量を加減してください。濃い味がお好きな方は多めに、あっさりがお好みの方は少なめに調整できます。

紅しょうがは食べる直前に添えると、鮮やかな色と風味が楽しめます。

これらのコツを押さえて、美味しいスープ入り焼きそばを楽しんでくださいね。

アレンジ方法

スープ入り焼きそばには、さまざまなアレンジが可能です。お好みの具材を使って、オリジナルの一品を作ってみましょう。

例えば、豚肉海鮮を加えると、また違った味わいが楽しめます。

野菜もお好みでアレンジできます。人参もやしを加えると、食感が変わって美味しいです。

スープの味付けも、醤油ベースの他に味噌に変えてみると、新しい発見があるかもしれません。

トッピングにネギごまを添えると、風味が豊かになります。

あなたのオリジナルレシピを作り上げて、家族や友人と楽しんでくださいね。

 

まとめ

那須塩原のスープ入り焼きそばは、一度食べたら忘れられないユニークな料理です。

地元の名店で味わうのはもちろん、家庭でも簡単に再現できます。

この料理の特徴は、焼きそばとスープの絶妙な組み合わせにあります。

麺の歯ごたえとスープの風味が合わさり、何度でも食べたくなる味わいです。

那須塩原での楽しみ方

那須塩原に訪れた際には、まずは地元の名店「こばや食堂」や「釜彦」を訪れるのがおすすめです。

これらの店舗では、伝統的なスープ入り焼きそばを堪能することができます。

また、観光地としても魅力的な那須塩原は、美しい自然や温泉も楽しむことができる場所です。

食事と一緒に観光も楽しんでみてくださいね。

スープ入り焼きそばを食べた後は、温泉でゆっくりと疲れを癒すのもいいですよ。

那須塩原の魅力を存分に楽しんでください。

家庭での再現方法

家庭でスープ入り焼きそばを作る際は、焼きそばの麺とスープのバランスがポイントです。

スープは醤油ベースが基本ですが、お好みで味を調整してください。

具材にはキャベツや鶏肉、紅しょうがなどを使い、風味を引き立てます。

以下の簡単なレシピを参考にして、家庭でも本格的なスープ入り焼きそばを楽しんでみてください。

材料や作り方を工夫すれば、オリジナルの味を作り出すこともできますよ。

家族や友人と一緒に作ってみるのも楽しいですね。

旅行のお土産としてもおすすめ

那須塩原のスープ入り焼きそばは、お土産としても人気があります。

店舗によっては、お持ち帰り用のセットも販売しているので、自宅で楽しむこともできます。

また、地元の食材を使った関連商品も豊富に揃っています。

旅行の思い出として、お土産にしてみてはいかがでしょうか。

家族や友人へのプレゼントにも喜ばれますよ。

那須塩原を訪れた際には、ぜひチェックしてみてくださいね。

スープ入り焼きそばの進化形

最近では、スープ入り焼きそばの進化形として、新しいバリエーションも登場しています。

例えば、ピリ辛バージョンや、海鮮を使った贅沢なバージョンなどがあります。

これらの新しいバリエーションは、さらに多くの人々にスープ入り焼きそばの魅力を伝えるものです。

地元のレストランでは、期間限定のメニューとして提供されることもあるので、見逃さないようにしましょう。

新しい味わいに挑戦するのも楽しいですね。

那須塩原での食の楽しみ方が広がります。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました