PR
スポンサーリンク
You can translate this page here.

仙台七夕花火祭 有料観覧席 2024料金は?場所は?

この記事は約15分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

仙台七夕花火祭は、毎年8月に仙台市で開催される壮大なイベントです。

この花火大会は、仙台七夕祭りの前夜祭として行われ、全国から多くの観光客が訪れます。

有料観覧席を確保して、快適に花火を楽しむ方法をご紹介しますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仙台七夕花火祭2024の概要

花火

HansによるPixabayからの画像

2024年の仙台七夕花火祭は、8月5日に開催される予定です。仙台七夕花火祭は、毎年8月に仙台市で開催される壮大なイベントで、仙台七夕祭りの前夜祭として行われます。この花火大会では、約16,000発の花火が夜空を彩り、多くの観光客が訪れますよ。打ち上げ場所は東北大学川内キャンパス周辺で、迫力満点の花火を楽しむことができますね。

例年、約50万人が訪れる大規模なイベントで、見応えたっぷりです。花火の打ち上げ時間は19:30から20:30までの1時間。天候が悪い場合は延期や中止になることもあるので、事前に天気予報をチェックすることをおすすめします。また、花火祭りの前後には仙台市内で様々なイベントが開催されるため、一日中楽しむことができますよ。

仙台七夕花火祭は、地域の伝統文化を感じることができるイベントでもあります。花火と共に、仙台七夕祭りの美しい飾りや屋台も楽しむことができるため、訪れる価値が十分にありますね。また、花火祭り当日は交通規制が敷かれるため、公共交通機関を利用しての移動が便利です。

さらに、仙台七夕花火祭は、ファミリーやカップルに人気のイベントです。美しい花火をバックに、素敵な思い出を作ることができますね。早めに観覧席を確保して、最高の花火鑑賞を楽しんでくださいね。

有料観覧席の種類

仙台七夕花火祭では、さまざまな種類の有料観覧席が用意されています。有料観覧席を確保することで、ゆったりと花火を楽しむことができますね。具体的には、以下のような席があります。

(昨年までの情報です)
まず、東北大学グラウンドのイス席です。こちらは1名4,000円で利用でき、広々としたスペースで花火を観覧することができます。座ってゆっくりと花火を楽しみたい方には最適ですよ。次に、青葉の風テラスのテーブル付き2名席です。こちらは16,000円で利用でき、テーブルがあるため、食事をしながら花火を楽しむことができます。特別な日を過ごしたいカップルや家族連れにおすすめです。また、国際センター駅エントランス広場のテーブル付き2名席もあります。こちらは15,000円で利用でき、駅から近いためアクセスも便利です。昨年は完売した席もあるので、早めの予約をおすすめしますね。

最後に、川内キャンパス周辺のテーブル付き4名席もあります。こちらは18,000円で、グループで花火を楽しみたい方にぴったりです。友人や家族と一緒に素敵な時間を過ごせますよ。

 

引用:第55回仙台七夕花火祭 (sendai-tanabatahanabi.com)

 

⇒申し込みが始まりましたよ!
 申し込み方法はこちら

 

有料観覧席のメリット

有料観覧席を利用すると、花火をゆったりと楽しむことができますね。特に、東北大学グラウンドの席では、広々としたスペースで花火を観覧できるので、混雑を避けたい方には最適です。また、テーブル付きの席では、食事をしながら花火を楽しむこともできますよ。

テーブル付き席の魅力は、花火を見ながらゆったりと食事ができる点です。特に青葉の風テラスの席では、テーブルがしっかりと設置されているため、飲み物や食べ物を広げて楽しむことができます。また、特別な日のディナーとしても利用できるため、記念日などにおすすめです。

さらに、有料観覧席では、トイレの利用もスムーズです。専用のトイレが設置されているため、長時間の花火鑑賞でも安心ですね。特にファミリーでの利用時には、子ども連れでも安心して楽しむことができます。

また、有料観覧席は眺めが良い位置に設置されていることが多いです。特に東北大学グラウンドの席は、打ち上げ場所から近く、花火の迫力を間近で感じることができます。視界を遮るものがないため、花火の全景を楽しむことができるのも魅力のひとつです。

有料観覧席のもうひとつのメリットは、混雑を避けられる点です。一般観覧エリアは多くの人で混雑しますが、有料席は限定された人数しか入れないため、ゆったりと過ごすことができます。特に小さなお子様連れや高齢者の方には、この点が大きな魅力となるでしょう。

以上のように、有料観覧席を利用することで、仙台七夕花火祭を快適に楽しむことができます。特別な日を過ごすためにも、ぜひ有料観覧席の予約を検討してみてくださいね。

仙台七夕花火有料観覧席の申し込み方法と料金

仙台七夕花火2024 観覧席マップ

https://sendaitanabata.tstar.jp/

仙台七夕花火祭は、毎年8月5日に開催される大規模な花火大会です。

このイベントでは、有料観覧席が設けられており、より快適に花火を楽しむことができます。

ここでは、有料観覧席の申し込み方法と料金について詳しく解説しますね。

初心者でも分かりやすいように、手順を追って説明しますので、ぜひ参考にしてください。

申し込み方法

仙台七夕花火祭の有料観覧席の申し込みは、公式サイトから行うことができます。

まず、公式サイトにアクセスし、申し込みページに移動します。

次に、希望する観覧席を選択し、必要事項を入力します。

支払い方法は、クレジットカード決済やコンビニ決済が利用できます。

申込完了後、メールで確認通知が届きますので、内容を確認してください。

観覧席のチケットは、コンビニで発券することができますよ。

観覧席の種類と料金

有料観覧席には、いくつかの種類があります。

国際センター駅エントランスでは、2人席が1テーブル20,000円で提供されます。

青葉山交流広場では、4人席が1テーブル25,000円、2人席が1テーブル12,500円です。

東北大学グラウンドでは、1人席が1枚4,500円で販売されています。

いずれも指定席で、車いすでの観覧も可能です。

出店の有無やゴミ箱の設置状況など、各会場の詳細も公式サイトで確認できます。

注意事項

申し込みの際には、いくつかの注意点があります。

まず、申込完了後に通知される受付番号や支払番号を必ず控えておいてください。

コンビニ決済を選択した場合、入金期間内に必ず支払いを済ませる必要があります。

また、観覧席は営利目的の転売が禁止されていますので、ご注意ください。

花火大会は雨天決行ですが、荒天の場合は中止となることがあります。

中止が決定した場合の返金方法などは、公式サイトで案内されますので、随時チェックすることをおすすめします。

これで仙台七夕花火祭の有料観覧席の申し込み方法と料金についての解説は終わりです。

公式サイトを確認し、早めに申し込みを済ませて、素晴らしい花火を楽しんでくださいね。

 

https://sendaitanabata.tstar.jp/

花火観覧のおすすめスポット

仙台七夕 花火祭

https://sendai-tanabatahanabi.com/

有料観覧席以外にも、花火を楽しむためのおすすめスポットがあります。例えば、広瀬通りは通行止めとなり歩行者天国になるため、レジャーシートを敷いて花火を見ることができます。また、東北大学の川内キャンパスも地元の人に人気の穴場スポットです。ただし、キャンパス内への立ち入りは関係者以外禁止されているので注意が必要です。

その他にも、宮城県美術館周辺や青葉城址、仲の瀬橋など、多くのおすすめスポットがあります。それぞれのスポットには独自の魅力があり、花火を楽しむための環境が整っています。ここでは、これらのおすすめスポットについて詳しくご紹介しますね。

仙台七夕花火祭は大規模なイベントであり、多くの観覧客が集まるため、早めに場所を確保することが重要です。特に人気のスポットはすぐに埋まってしまうため、事前の計画が必要です。また、交通規制が敷かれるため、公共交通機関の利用が推奨されますよ。

それでは、各おすすめスポットについて詳しく見ていきましょう。花火を観覧するためのポイントや、周辺の施設についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

広瀬通り

広瀬通りは仙台駅から西公園通りを結ぶ大通りで、花火の時間帯には通行止めとなります。ここでは、歩行者天国の雰囲気を楽しみながら花火を観覧できます。広瀬通りは、毎年多くの観覧客で賑わい、レジャーシートを敷いてゆっくりと花火を楽しむことができますよ。

広瀬通りの魅力は、そのアクセスの良さです。仙台駅から徒歩圏内であり、多くの飲食店やショッピング施設が周辺にあるため、花火を待つ間も楽しむことができます。また、通行止めとなるため、車の心配もなく、安全に観覧できるのも嬉しいポイントです。

ただし、広瀬通りは非常に人気が高く、早めに場所を確保する必要があります。花火が始まる数時間前には、すでに多くの人が場所取りをしていることが多いので、余裕を持って行動することをおすすめします。また、広瀬通りでは屋台も多く出店しているため、花火と一緒に地元のグルメも楽しめますよ。

広瀬通りでの観覧を計画している場合は、天候にも注意が必要です。雨天の場合でも花火が開催されることがあるため、雨具の準備を忘れずに。また、花火の打ち上げ時間に合わせて、周辺の交通規制が変更されることがあるので、事前に確認しておくと安心ですね。

広瀬通りは、アクセスの良さと雰囲気の良さから、家族連れや友人同士での観覧にぴったりのスポットです。ぜひ、早めに場所を確保して、素敵な花火の夜を楽しんでくださいね。

東北大学川内キャンパス

東北大学川内キャンパスは、打ち上げ会場から近く、迫力ある花火を楽しむことができます。地元の人にとっては定番の観覧スポットですが、一般人の立ち入りは禁止されていますので、注意が必要です。しかし、キャンパス周辺からも十分に花火を楽しむことができるため、訪れてみる価値はありますよ。

川内キャンパスの魅力は、その眺めの良さです。打ち上げ場所に近いため、花火の迫力を間近で感じることができます。また、広々とした敷地内でゆったりと花火を観覧できるため、混雑を避けたい方におすすめのスポットです。

ただし、東北大学川内キャンパス内への立ち入りは関係者以外禁止されていますので、必ずキャンパス外から観覧するようにしてください。また、キャンパス周辺は多くの人で賑わうため、早めに場所を確保することをおすすめします。

川内キャンパス周辺には、宮城県美術館や仙台市野草園などの観光スポットもあります。花火の前後に観光を楽しむこともできるため、一日中充実した時間を過ごせますよ。また、キャンパス周辺には飲食店も多くあるため、食事をしながら花火を待つこともできます。

天候にも注意が必要です。雨天の場合でも花火が開催されることがあるため、雨具の準備を忘れずに。また、花火の打ち上げ時間に合わせて、周辺の交通規制が変更されることがあるので、事前に確認しておくと安心ですね。

川内キャンパスは、打ち上げ場所に近く、迫力ある花火を楽しむことができるおすすめのスポットです。ぜひ、友人や家族と一緒に訪れて、素敵な花火の夜を楽しんでくださいね。

青葉城址

青葉城址(あおばじょうし)は、少し高台に位置しているため、花火を見渡すのに絶好のスポットです。夜景スポットとしても有名で、花火と一緒に仙台市の美しい夜景を楽しむことができます。花火が打ち上げられる時間帯には多くの観覧客が訪れますが、広々としたスペースがあるため、ゆったりと花火を楽しむことができますよ。

青葉城址は、仙台市中心部からのアクセスも良好です。仙台駅からはバスやタクシーで簡単にアクセスできるため、観光客にも人気のスポットです。また、青葉城址からは花火の全景を見渡すことができるため、写真撮影にも最適です。プロのカメラマンも多く訪れる場所で、美しい写真を撮影することができますよ。

また、青葉城址には青葉山公園が隣接しており、花火の前後に散策を楽しむこともできます。公園内には多くの木々や花が植えられており、自然の中でリラックスしながら花火を待つことができます。特に、夏の夜は涼しくて過ごしやすいので、家族連れにもおすすめです。

ただし、青葉城址は高台にあるため、階段や坂道を歩く必要があります。特にお年寄りや小さなお子様連れの場合は、歩きやすい靴を履いていくことをおすすめします。また、花火が終了した後は多くの観覧客が一斉に帰るため、帰りの交通手段も事前に計画しておくと安心ですね。

青葉城址で花火を観覧する場合は、早めに場所を確保することが重要です。人気のスポットであるため、花火が始まる数時間前にはすでに多くの人が集まっています。余裕を持って行動し、ベストな観覧スポットを見つけてくださいね。

青葉城址は、美しい夜景と共に花火を楽しむことができる絶好のスポットです。ぜひ、家族や友人と一緒に訪れて、素敵な夏の思い出を作ってくださいね。

仲の瀬橋

仲の瀬橋は、広瀬川にかかる橋で、花火を高い位置から観覧することができるスポットです。ここから見る花火は、川面に映る花火のリフレクションも楽しむことができ、一味違った雰囲気を味わえます。立ち見にはなりますが、その分迫力満点の花火を楽しむことができますよ。

仲の瀬橋の魅力は、その見晴らしの良さです。広瀬川の上から見る花火は、視界を遮るものがなく、花火の全景を楽しむことができます。また、川面に映る花火のリフレクションが美しく、幻想的な雰囲気を醸し出します。このため、写真撮影にも最適なスポットと言えます。

ただし、仲の瀬橋は立ち見の観覧スポットであるため、長時間の観覧には少し工夫が必要です。快適に過ごすためには、持ち運び可能な椅子やレジャーシートを持参すると良いでしょう。また、飲み物や軽食を準備しておくと、花火の待ち時間も楽しく過ごせます。

仲の瀬橋は、アクセスも良好です。仙台駅から徒歩でアクセスできるため、観光客にも人気のスポットです。また、橋の両側には歩道が整備されており、安全に花火を楽しむことができます。ただし、花火の時間帯には多くの人で賑わうため、早めに場所を確保することをおすすめします。

花火の終了後は、帰りの交通手段も計画しておくと安心です。特に車で訪れる場合は、駐車場の混雑を避けるためにも早めに出発するか、公共交通機関を利用するのが良いでしょう。また、仲の瀬橋周辺には飲食店も多いため、花火の前後に食事を楽しむこともできます。

仲の瀬橋で花火を観覧する場合は、防寒対策も忘れずに。夏の夜は意外と冷えることがありますので、薄手のジャケットやブランケットを持参すると快適に過ごせます。仲の瀬橋からの花火観覧は、特別な思い出を作るのにぴったりのスポットです。ぜひ訪れてみてくださいね。

アクセス情報と駐車場

仙台七夕花火祭の会場へのアクセス方法も重要です。最寄り駅はJR仙台駅で、そこから徒歩約30分です。また、地下鉄東西線の大町西公園駅から徒歩約3分、地下鉄南北線の広瀬通駅から徒歩約10分とアクセスも良好です。車でのアクセスの場合、東北自動車道仙台宮城ICから約5分です。

JR仙台駅から徒歩で会場に向かう場合、街中を歩きながらお祭りの雰囲気を楽しむことができます。花火大会の日は多くの人が訪れるため、交通規制がかかることもあるので、時間に余裕を持って行動することをおすすめしますね。

地下鉄東西線の大町西公園駅から徒歩約3分という近さは非常に便利です。大町西公園駅からは、広瀬川を渡る橋を通って会場に行くことができ、徒歩でのアクセスが非常にスムーズです。広瀬川の風景も楽しめるので、ちょっとした散歩気分で行けるのが魅力ですよ。

地下鉄南北線の広瀬通駅からも徒歩約10分とアクセスが良いです。広瀬通駅周辺には飲食店やカフェも多く、花火を見る前にちょっとした休憩や軽食を楽しむことができます。特に暑い夏の日には、駅近くで一息つけるスポットがあると助かりますね。

車でのアクセスについては、東北自動車道仙台宮城ICから約5分の距離です。花火大会当日は混雑が予想されるため、早めの到着を心がけると良いでしょう。駐車場の混雑具合にも注意が必要ですので、事前に駐車場の位置を確認しておくと安心です。

駐車場情報

会場周辺にはいくつかの有料駐車場があります。それぞれの駐車場の位置や料金を把握しておくと、スムーズに駐車できますよ。例えば、国分町MKパーキングは24時間営業しており、料金は30分200円です。最大料金も設定されているため、長時間の利用でも安心です。

他にもNPD仙台一番町パーキングがあります。こちらも24時間営業しており、営業時間内の最大料金は1,600円です。こちらの駐車場は仙台市青葉区一番町に位置しており、会場までのアクセスも良好です。特に観光客に人気のスポットとなっています。

NPC24Hヨドバシマルチメディア仙台P2パーキングは、715台もの駐車スペースを持つ大型駐車場です。料金は平日が24時間で1,200円、土日祝が1,800円です。こちらも仙台駅周辺にあり、アクセスが便利です。ショッピングの合間に駐車できる点も魅力です。

また、TAKAYU東口パーキングも24時間営業しており、8:00〜20:00は20分100円、20:00〜8:00は100分100円という料金設定です。仙台市宮城野区榴岡に位置しており、徒歩で会場に向かうことができます。駐車料金が比較的安い点が魅力です。

エンタツパーキングも便利な駐車場の一つです。こちらは仙台市青葉区中央に位置しており、30分250円という料金設定です。会場までのアクセスも良く、混雑時でも利用しやすい駐車場です。駐車スペースも広く、安心して利用できます。

さらに、タイムズ泉中央駐車場もおすすめです。こちらは1日最大900円で利用でき、24時間営業しているため、いつでも駐車可能です。泉中央駅から徒歩4分の距離にあり、公共交通機関を利用する際にも便利です。

穴場な駐車場

仙台市街地にはコインパークを始め沢山の駐車場がありますが、皆さん考えることは同じですので早くにいかないと満車になっています。

そこで穴場となるのがザ・モール長町ですよ。

駐車場が3時間無料でザ・モール内で買い物すればプラスで駐車料金が割引になります。

地下鉄南北線で広瀬通駅まで行けば花火会場までとほ10分ほどです。

花火が終了してから帰ると地下鉄が混み合いますので帰るタイミングは重要ですね。

まとめ

仙台七夕花火祭2024は、華やかな花火と共に夏の夜を彩る素晴らしいイベントです。有料観覧席を利用することで、混雑を避けて快適に花火を楽しむことができます。早めの予約とアクセス方法の確認を忘れずに、素敵な花火鑑賞を楽しんでくださいね。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました