You can translate this page here.
スポンサーリンク

宮城県でも大雨災害に備えましょう!あなたの住む地域は大丈夫!?

注意・警戒
http://www.city.sendai.jp/anzensuishin/kurashi/anzen/saigaitaisaku/townpage/documents/22-27.pdf
この記事は約4分で読めます。

九州では線状降水帯からの連日の大雨で多大な被害が出ています。

ここ数年、大雨や連日の雨、局所的な雨で土砂崩れや河川の氾濫等による洪水など様々な地域で被害が出ています。

今年も宮城県内でも被害が出かねない大雨や台風被害なども考えられますので、いざという時に家族でどのような対応を取るのか今のうちから話し合っておいたほうが良いですよね。

そこでまず参考にしたいのが洪水のハザードマップです。

でもそのハザードマップってどこで見られるの??

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハザードマップって?

ハザードマップというものは聞いたことあるとは思いますが、実際にじっくりと見たことがある人って少ないですよね?

各自治体が専門家に依頼をし、地域ごとの洪水の起きる可能性を地図に表しています。

仙台市青葉区の一部を抜粋しますと、

http://www.city.sendai.jp/anzensuishin/kurashi/anzen/saigaitaisaku/townpage/documents/22-27.pdf

という地図です。

水色に塗られている部分の所が洪水で浸水する可能性がある地域で、その中でも赤い印がついている部分は【早期の立ち退き避難が必要な地域】ということで、洪水が起こり始めると早期に浸水し被害が出る地域ですので、早めの避難を心がけてほしい地域になります。

やはり川の側は洪水の可能性が高くなりますよね。

http://www.city.sendai.jp/anzensuishin/kurashi/anzen/saigaitaisaku/townpage/documents/22-27.pdf

 

実は各自治体のホームページで公開されていますし、仙台市に於いては「仙台防災タウンページ」という冊子として配布されています。NTTのタウンページと一緒に各家庭や事業所に配布されているようです。

http://www.city.sendai.jp/anzensuishin/kurashi/anzen/saigaitaisaku/townpage/townpage.html

市役所本庁舎1階市民のへや、各区の区民生活課等でも配布しているようですので、そちらでもらうこともできるようですよ。

スポンサーリンク

仙台市のハザードマップは?

仙台市のハザードマップは「仙台防災タウンページ」で確認できると書きましたが、仙台市のホームページからもPDFとしてダウンロードできますよ。

慌てなくても大丈夫ですよ!

リンクを載せておきますね。

 

こちらから、お住いの地域のハザードマップをこの機会にご確認ください。

 

県内の他の市町村のハザードマップは↓こちらです。

まとめると長くなりますので別記事にしました。

宮城県内のハザードマップ一覧【2021】大雨・台風に備えてあなたの地域を確認しましょう。
ここ数年、異常気象と言われるように、雨の降り方が変わりましたよね? 梅雨といえば”しとしと雨”で風情があったものですが、最近では局所的に強い雨になったり、豪雨と言った降り方だったりと、土砂災害や洪水被害が出るような降り方になっています...続きを読んで☆

 

また、全国のハザードマップを確認できる国土交通省が管轄のサイトはこちらです。

ハザードマップポータルサイト(国土交通省ホームページより)

スポンサーリンク

まとめ

まずはお住まいの地域のハザードマップを確認して、大雨や台風の時に避難が必要な地域なのかどうかを確認しておきます。

それを踏まえてどこに避難するべきなのか?

どのルートを通って避難するのか?

などをご家族で一度話し合っておいたほうが良いですね。

ただ、大雨が降り続き、河川の氾濫が起きてからは無理に避難所に避難するよりも近場の高い建物に避難するほうが安全なこともあります。

そういう場所が自宅周辺だけではなく、職場の周辺などにもないか、日頃から観察しておくことも大切だと思います。

自然の驚異には人間は勝てません・・・ですから上手く避難をし命を守る行動が取れるように今から準備をしておくことが大切です!

 

宮城県内のハザードマップ一覧【2021】大雨・台風に備えてあなたの地域を確認しましょう。
ここ数年、異常気象と言われるように、雨の降り方が変わりましたよね? 梅雨といえば”しとしと雨”で風情があったものですが、最近では局所的に強い雨になったり、豪雨と言った降り方だったりと、土砂災害や洪水被害が出るような降り方になっています...続きを読んで☆

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました