PR
スポンサーリンク
You can translate this page here.

医師52人が選んだ最強の“朝メシ”ベスト10【林修の今知りたいでしょ!】まとめ

この記事は約28分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

2024年6月26日放送の『林修の今知りたいでしょ!』は、『朝メシまで。』との合体スペシャルでした。

この特集では、長野県を日本一の長寿県に導いた名医、鎌田實先生が監修し、医師52名が選んだ最強の“朝メシ”BEST10を発表します。

特別ゲストに郷ひろみさんを迎え、林修先生や他の学友たちと一緒にランキングを見届けます。

さらに、郷さんや林先生、学友たちが普段食べている“朝メシ”も紹介し、鎌田先生がそれを評価しますよ。

番組を見逃した貴方のためにランキングをまとめましたのでご安心くださいね。

番組では触れられなかったちょい足し知識も参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最強の“朝メシ”ランキングはどうなる?

健康的な食事

医師たちによって選ばれた、まさに最強の食材と飲み物がランクインしています。

睡眠学の世界的権威、柳沢正史先生も毎朝取り入れている「コーヒー」もその一つです。

コーヒーは「目が覚めて元気に1日が送れる」「交感神経が刺激され作業効率が上がる」と医師たちは評価しています。

また、これからの季節に嬉しい「トマト」もランクインしています。トマトには抗酸化作用があり、シミ対策や紫外線ダメージの軽減に効果的です。

鎌田先生によると、朝から野菜を取る“朝ベジ”はとても大事で、日本人は厚生労働省が推奨する1日の野菜摂取目標量に足りていないという現実もあります。

スタジオでは最新機器でその人の推定野菜摂取量を見える化し、驚きの結果が一同に衝撃を与えます。

郷ひろみの朝食

郷ひろみさんの朝食も紹介され、林修先生は「シンプルに体にいいものばかりですし、何と言っても納豆のふわふわ感ですよね!」と大絶賛しました。

郷さんは「納豆を200回混ぜる」そうで、「これが僕には一番おいしい!」とこだわりを見せています。

鎌田先生も「郷くんは非常に優れている」と評し、郷さんが無意識に行っているある行動に対して「素晴らしい!」と感心しました。

その結果、郷さんはその食材を取り入れた「郷〇〇」に名前を変えると言い出し、一同が大爆笑する場面もありました。

一方、林修先生は誰よりも種類豊富な朝食を披露し、自信を見せました。

果たして、評価が高いのは郷さんと林先生のどちらの“朝メシ”なのでしょうか?

朝食を食べない影響

朝食を食べないと体に悪影響があるという最新研究も紹介されました。

朝食を取らないことで体にどのような影響が出るのか、そのメカニズムとともに解説されます。

この研究結果は、特に朝食を食べない人たちにとって耳の痛い情報です。

健康的な生活を送るためには、やはり朝食は欠かせないものです。

医師たちが選んだ最強の“朝メシ”を参考にして、毎日の朝食に取り入れてみてくださいね。

健康的な朝食は、元気な1日の始まりをサポートしてくれますよ。

 

早速最強朝メシベスト10を見ていきましょう。

第10位:コーヒー

コーヒー、カプチーノ、ラテアート、メモ、勉強、仕事

Engin AkyurtによるPixabayからの画像

コーヒーは多くの人にとって、朝の定番飲料ですね。

カフェインの効果で、目覚めを助けるだけでなく、集中力を高める効果もあります。

さらに、抗酸化作用があるため、健康にも良い影響を与えますよ。

ただし、空腹時に濃いコーヒーを飲むと胃が荒れる可能性があるので注意が必要です。

コーヒーの健康効果

コーヒーには多くの健康効果があります。

例えば、コーヒーを習慣的に飲むことで、2型糖尿病のリスクが20~30%低下することが研究で示されています。

これは、カフェインやポリフェノールが血糖値の上昇を抑える効果があるためです。

さらに、コーヒーには肝臓がんや大腸がんの発症リスクを低下させる効果もあります。

特に肝臓がんについては、コーヒーを1日に2〜3杯飲むことで、発症リスクが30%〜55%低下することが報告されています。

このように、コーヒーは多くの健康効果を持っていますが、適量を守ることが大切ですよ。

コーヒーの適切な摂取量

コーヒーの適切な摂取量は1日3〜4杯とされています。

これ以上の量を飲むと、カフェインの過剰摂取による不眠やイライラなどの副作用が現れることがあります。

特に、胃腸の調子が悪い方や空腹時には注意が必要です。

牛乳を入れてカフェオレにするなど、飲み方を工夫することで胃への負担を減らすことができます。

また、朝の8時から9時の間は、体内のコルチゾールレベルが高いため、コーヒーを飲むのは避けた方が良いとされています。

この時間帯を避けて飲むことで、カフェインの効果を最大限に引き出すことができますよ。

コーヒーのリラックス効果

コーヒーの香りにはリラックス効果があります。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸は、脳内の快楽中枢を刺激し、リラックス感をもたらすとされています。

さらに、コーヒーを飲むことで社交的な場面でのコミュニケーションが促進されることもあります。

例えば、カフェでのコーヒーブレイクはリラックスしながら友人や同僚と話す良い機会になります。

このように、コーヒーはリラックス効果も期待できる飲み物ですよ。

適度な量を楽しみながら、日常生活に取り入れてみてくださいね。

コーヒーとダイエット効果

コーヒーには基礎代謝を促進する効果もあります。

カフェインは交感神経を刺激し、基礎代謝を上げる働きがあります。

これにより、脂肪の燃焼が促進され、ダイエット効果が期待できるのです。

ただし、コーヒーを飲むだけで痩せるわけではありません。

ダイエットの基本は、食事からの摂取カロリーを抑え、運動で消費カロリーを増やすことです。

コーヒーはあくまで補助的な役割として活用しましょう。

バランスの取れた食事と適度な運動を心がけながら、コーヒーを取り入れてみてくださいね。

第9位:トマト

トマト ミニトマト 新鮮

CouleurによるPixabayからの画像

トマトはビタミンCやリコピンが豊富で、抗酸化作用が強い野菜です。

朝食にトマトを加えることで、一日のスタートを健康的に切ることができますね。

サラダに入れたり、トマトジュースとして摂取するのがおすすめですよ。

トマトは、忙しい朝でも手軽に摂取できる健康食材です。朝食にトマトを取り入れることで、リコピンの吸収率が高まり、抗酸化作用が強化されますよ。

さらに、トマトには美容効果も期待でき、肌の新陳代謝を促進し、シミの排出を助ける効果があります。

トマトジュースやトマトサラダ、そしてトマトを使った様々なレシピを試してみましょう。

トマトの朝食簡単レシピ

トマトは手軽に食べられるだけでなく、様々な料理に活用できる優れた食材です。

ここでは、忙しい朝でも簡単に作れるトマトの朝食レシピをいくつかご紹介しますね。

1. トマトとアボカドのトースト

アボカドとトマトをスライスし、トーストに乗せてオリーブオイルをかけるだけの簡単なレシピです。

オリーブオイルを加えることで、リコピンの吸収率がさらにアップしますよ。

ナッツをトッピングすることで、食感にアクセントが加わり、美味しくいただけます。

このトーストは栄養バランスも良く、エネルギー補給に最適です。

忙しい朝でも手軽に作れるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

2. トマトスムージー

完熟トマトを使ったスムージーは、リコピンが豊富で、美肌効果が期待できます。

トマトとヨーグルト、少量の蜂蜜をミキサーで混ぜるだけで完成です。

クリームチーズを加えることで、さらにリッチな味わいに仕上がります。

朝食にぴったりな栄養満点の一杯ですよ。

リコピンは油と一緒に摂取することで吸収率が上がるので、オリーブオイルを少量加えるのもおすすめです。

 

3. トマトのミネストローネ

トマトジュースを使ったミネストローネは、簡単に作れる朝食メニューです。

耐熱マグカップにトマトジュース、洋風スープの素、ベーコンやミックスベジタブルを入れ、電子レンジで加熱するだけで完成です。

最後にオリーブオイルを少量かけると、風味が増して美味しくなります。

多めに作りたい場合は鍋を使っても良いですね。

このミネストローネは、朝の忙しい時間にもぴったりの一品です。

 

トマトを朝食に取り入れることで、健康的な一日をスタートさせましょう。

リコピンの効果で、体も肌も元気になりますよ。

ぜひ、これらのレシピを試してみてくださいね。

第8位:玄米

水田 米 玄米

pixabay

玄米は白米よりも栄養価が高く、特に食物繊維やビタミンB群が豊富です。朝食に玄米を取り入れることで、エネルギーを持続的に供給し、満腹感を長く保つことができます。また、消化にも良いので、お腹にも優しいですよ。

玄米は「完全栄養食」とも言われることがあります。これは、玄米が多くの必須栄養素を含んでいるためです。玄米には、ビタミンB1、B6、E、マグネシウム、鉄分、亜鉛などが含まれており、これらの栄養素が健康をサポートしてくれますね。

玄米の食物繊維は白米の約6倍もあり、腸内環境を整える効果があります。食物繊維は便秘解消やダイエットにも役立ち、特に不溶性食物繊維が豊富なので、満腹感を得やすく、食べ過ぎを防ぐ効果もありますよ。

また、玄米に含まれるビタミンB群は、エネルギー代謝をサポートし、疲労回復や肌の健康にも寄与します。ビタミンB1は糖質をエネルギーに変え、疲労感やだるさを軽減する効果があり、ビタミンB6は脂肪燃焼や免疫機能の向上に役立ちます。

さらに、玄米にはマグネシウムが豊富に含まれており、心臓の健康や糖尿病予防にも効果があります。マグネシウムは筋肉の収縮や血圧の調整にも関与しており、日常生活で不足しがちなミネラルを補うことができます。

玄米を食べることで、体内の酸化を防ぐビタミンEも摂取できます。ビタミンEは抗酸化作用があり、肌を紫外線から守り、美肌効果や動脈硬化の予防にもつながりますね。

玄米の炊き方

玄米の炊き方はとても簡単です。まず、玄米を水でよく洗いましょう。表面のぬかをしっかりと洗い流すことで、より美味しく炊き上がります。

次に、玄米を炊飯器に入れて水を適量加えます。通常の白米よりも多めの水を使うことがポイントです。玄米1カップに対して、水は2カップを目安にしましょう。

水に浸ける時間も大切です。玄米を炊く前に6時間から一晩浸けておくと、よりふっくらとした炊き上がりになります。浸水時間が短いと硬めに仕上がるので、しっかり浸水させましょう。

炊飯器の玄米モードがある場合はそれを使用し、ない場合は普通の炊飯モードで炊いても大丈夫です。炊き上がったら、10分ほど蒸らしてから混ぜてください。

玄米は噛みごたえがあり、よく噛むことで満腹感が得られやすくなります。また、よく噛むことで消化も助けられ、栄養の吸収率もアップしますよ。

玄米を炊くのが初めての方でも、これらのポイントを守れば簡単に美味しい玄米ご飯が作れます。ぜひ試してみてくださいね。

玄米の健康効果

玄米を日常的に食べることで、さまざまな健康効果が期待できます。例えば、食物繊維が豊富なため、便秘の解消や腸内環境の改善に役立ちます。不溶性食物繊維が多い玄米は、有害物質を吸着して排出する効果もありますよ。

さらに、玄米に含まれるビタミンB群は、エネルギー代謝を促進し、疲労回復や肌の健康をサポートします。特にビタミンB6は、脂肪燃焼や免疫機能の向上に寄与します。

マグネシウムも豊富に含まれており、心臓の健康や糖尿病予防にも効果があります。マグネシウムは筋肉の収縮や血圧の調整にも関与しており、日常生活で不足しがちなミネラルを補うことができます。

玄米に含まれるビタミンEは抗酸化作用があり、肌を紫外線から守り、美肌効果や動脈硬化の予防にもつながります。

また、玄米を食べることで、心疾患リスクの低減や血糖コントロール効果も期待できます。食後の血糖値上昇を緩やかにし、2型糖尿病のリスクを低減する効果があります。

このように、玄米は多くの栄養素を含んでおり、日常的に取り入れることで、健康をサポートする強力な食品と言えます。ぜひ、毎日の食事に玄米を取り入れて、健康的な生活を送りましょう。

玄米の選び方と保存方法

玄米を選ぶ際には、品質が良いものを選ぶことが重要です。まず、色が均一で艶があるものを選びましょう。また、粒が揃っていて割れが少ないものが良いです。

購入した玄米は、冷暗所で保存するのがおすすめです。玄米は白米よりも酸化しやすいため、保存場所に注意が必要です。夏場などは特に、高温多湿を避けて保存しましょう。

玄米を長期間保存する場合は、冷蔵庫や冷凍庫で保存すると良いです。冷蔵庫で保存する場合は、密閉容器に入れて保存します。冷凍庫で保存する場合も同様に、密閉容器に入れて冷凍します。

玄米を冷凍保存する際には、小分けにして保存すると便利です。必要な分だけ解凍して使うことができ、無駄がありません。また、冷凍保存しても栄養価はほとんど変わらないので安心してください。

保存期間の目安としては、冷蔵保存で1か月、冷凍保存で3か月程度です。古くなった玄米は風味が落ちるため、早めに使い切るようにしましょう。

このように、玄米の選び方や保存方法を工夫することで、いつでも新鮮で美味しい玄米を楽しむことができます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

第7位:鮭

鮭はオメガ3脂肪酸が豊富で、心臓の健康をサポートします。また、ビタミンDも含まれており、骨の健康を維持するのにも役立ちます。朝食に鮭を取り入れることで、栄養バランスを良くすることができますね。

オメガ3脂肪酸は、血液をサラサラにし、血流を改善する効果があります。これにより、心血管疾患のリスクを低減し、心臓の健康を保つのに役立ちます。また、抗炎症作用があるため、アレルギーやアトピー性皮膚炎の症状を和らげる効果も期待できますよ。

ビタミンDは骨の健康に欠かせない栄養素です。カルシウムの吸収を助け、骨密度を保つのに役立ちます。さらに、ビタミンDは認知機能の維持にも関与しており、脳の健康にも良い影響を与えます。

鮭を定期的に食べることで、これらの栄養素を効果的に摂取することができます。美味しいだけでなく、健康にも良い鮭を朝食に取り入れてみてはいかがでしょうか。

簡単な鮭の調理方法

鮭の塩焼きはとても簡単に作れますよ。鮭に塩を軽く振り、フライパンで焼くだけです。焼き加減はお好みですが、皮がカリッとするまで焼くと美味しいですよ。レモンを絞って食べると、さらに風味が引き立ちます。

もう一つの簡単な調理方法は、ホイル焼きです。鮭をアルミホイルに包み、バターや醤油、好みの野菜を加えてオーブンで焼くだけです。15分ほどで出来上がり、栄養も逃しません。

鮭の味噌漬けもおすすめです。味噌、みりん、砂糖を混ぜたタレに鮭を漬け込み、冷蔵庫で一晩寝かせます。翌朝、フライパンで焼くだけで、風味豊かな味噌漬け鮭が楽しめます。

鮭の健康効果

鮭に含まれるオメガ3脂肪酸は、体内で合成できない必須脂肪酸です。これを摂取することで、脳の健康をサポートし、認知機能を維持する効果があります。また、DHAとEPAは、血液中の中性脂肪を減少させ、心血管疾患の予防にも寄与します。

ビタミンDは、日光を浴びることで体内で生成されますが、食事からも摂取することが重要です。鮭はビタミンDの良い供給源であり、骨の健康を維持し、カルシウムの吸収を助けます。

さらに、鮭はタンパク質も豊富で、筋肉の維持や修復にも役立ちます。タンパク質は朝食に摂ることで、1日のエネルギーレベルを維持するのに効果的ですよ。

鮭の選び方と保存方法

鮭を選ぶ際は、皮の色が鮮やかで、身がしっかりしているものを選びましょう。鮮度の良い鮭は、臭みがなく、触ったときに弾力があります。

購入後は、冷蔵庫で保存しますが、すぐに食べない場合は冷凍するのがおすすめです。冷凍保存する際は、ラップで包み、ジップロックなどの密閉袋に入れると、鮮度が保たれます。

解凍する際は、冷蔵庫でゆっくり解凍すると美味しさが維持されます。急ぐ場合は、流水で解凍することもできますが、品質を保つためには冷蔵庫での解凍が最適です。

第6位:味噌

味噌は日本の伝統的な発酵食品であり、さまざまな健康効果があります。特に朝食に味噌汁を取り入れることで、消化を助け、体を温める効果が期待できます。味噌には豊富な栄養素が含まれており、日常生活に取り入れることで健康をサポートしますね。

味噌の原料である大豆には、タンパク質、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。特に発酵によって生成される酵素や乳酸菌は、腸内環境を整え、免疫力を高める効果があります。毎日の朝食に味噌汁を取り入れることで、これらの栄養素を効果的に摂取することができますよ。

また、味噌には抗酸化作用もあり、老化の原因となる活性酸素を除去する効果があります。これにより、肌の健康を保ち、アンチエイジング効果も期待できます。さらに、味噌には女性ホルモンに似た働きを持つイソフラボンが含まれており、ホルモンバランスを整える効果もあります。

味噌の種類は多岐にわたり、赤味噌、白味噌、合わせ味噌などがあります。それぞれの特徴を理解し、料理に合わせて使い分けると良いでしょう。例えば、赤味噌は濃厚な味わいで、白味噌は甘みが強いです。用途に応じて選ぶことで、料理の幅が広がりますね。

基本の味噌汁の作り方

味噌汁の作り方は簡単です。まず、昆布やかつおぶしを使って出汁を取ります。出汁は味噌汁の風味を決める重要な要素なので、しっかりと取ることが大切です。具材は季節に応じて変えると良いですよ。春はタケノコや山菜、夏はトマトやオクラ、秋はきのこやサツマイモ、冬は大根や白菜がオススメです。

具材を準備したら、鍋に出汁を入れて加熱し、好きな具材を加えて煮込みます。具材が柔らかくなったら火を止め、最後に味噌を溶かします。味噌は熱に弱いため、火を止めた後に加えると、酵素や乳酸菌の効果を最大限に活かすことができます。

一杯の味噌汁には約1.3gの塩分が含まれていますが、過度に心配する必要はありません。むしろ、味噌汁を毎日摂取することで、塩分の排出を助けるカリウムが豊富に含まれる野菜を一緒に摂ることができます。ほうれん草やわかめ、ごぼうなどが良いですね。

味噌汁を朝食に取り入れることで、体を温め、消化を助ける効果があります。さらに、栄養バランスも整えられるため、一日の始まりにぴったりです。簡単に作れるので、忙しい朝にも手軽に準備できますね。

栄養を高める具材の選び方

味噌汁の栄養をさらに高めるためには、具材の選び方も重要です。タンパク質を多く含む具材としては、豆腐や油揚げ、しじみなどがあります。特にしじみは肝臓の機能をサポートし、二日酔い防止にも効果的です。また、ビタミンやミネラルを多く含む緑黄色野菜やきのこ類もオススメです。

出汁の取り方にも工夫が必要です。昆布や干し椎茸を使った出汁は、旨味成分が豊富で、味噌の量を減らしても美味しい味噌汁が作れます。さらに、味噌汁に加えることで、食物繊維も豊富に摂取できますよ。

忙しい朝には、インスタント味噌汁を活用するのも一つの方法です。インスタント味噌汁に野菜や肉を加えることで、栄養バランスを整えられます。例えば、コンビニで買える茹で卵やささみ肉、カット野菜などを加えると、手軽に栄養価の高い朝食が完成します。

味噌の種類と選び方

味噌にはさまざまな種類がありますが、用途に応じて選ぶことが大切です。赤味噌は発酵期間が長く、濃厚な味わいが特徴です。肉料理や濃厚な味付けの料理に合います。一方、白味噌は発酵期間が短く、甘みが強いです。軽い味付けの料理やデザートに使用されます。

合わせ味噌は、赤味噌と白味噌をブレンドしたもので、幅広い料理に使いやすいです。また、豆味噌は大豆のみを原料とし、濃厚で強い風味が特徴です。特に濃い味付けの料理に適しています。

味噌を選ぶ際には、無添加やオーガニックのものを選ぶとより健康的です。風味の好みや料理の種類に応じて、適切な味噌を選びましょう。

第5位:ヨーグルト

ヨーグルトはプロバイオティクスが豊富で、腸内環境を整える効果があります。

朝食にヨーグルトを取り入れることで、消化を助け、免疫力を高めることができますよ。

さらに、ヨーグルトにはカルシウムが多く含まれており、骨の健康をサポートする効果もあります。

フルーツや蜂蜜と合わせると、美味しく栄養価の高い朝食になりますね。

自家製ヨーグルトの作り方

自家製ヨーグルトは簡単に作れます。

市販のヨーグルトを少量と牛乳を混ぜて、温かい場所に置いておくだけです。

8時間ほどで美味しい自家製ヨーグルトが完成します。

これなら、手軽に新鮮なヨーグルトを楽しむことができますね。

ヨーグルトとフルーツの組み合わせ

ヨーグルトは、フルーツとの相性が抜群です。

特に、バナナやベリー類との組み合わせがおすすめです。

バナナにはビタミンB6やカリウムが豊富に含まれており、エネルギー補給に最適です。

また、ベリー類は抗酸化作用が強く、健康維持に役立ちます。

これらのフルーツをヨーグルトに加えることで、さらに栄養バランスが良くなりますね。

ヨーグルトのアレンジレシピ

ヨーグルトの楽しみ方は無限大です。

例えば、バナナとヨーグルトをミキサーでスムージーにしたり、きな粉を混ぜて食べると、美味しくて健康的な朝食ができます。

ホットヨーグルトにするのもおすすめです。

ヨーグルトを電子レンジで温め、バナナや蜂蜜を加えると、体が温まり、消化も促進されます。

寒い季節には特にぴったりの食べ方ですよ。

ヨーグルトを朝食に取り入れるポイント

ヨーグルトを朝食に取り入れる際には、量にも気を付けましょう。

1回の摂取量は100gから200g程度が適切です。

また、プレーンヨーグルトや低脂肪のヨーグルトを選ぶと、糖質の摂取を抑えられます。

さらに、ナッツやシリアルをトッピングすることで、食物繊維やタンパク質も補えます。

バランスの良い朝食を目指して、ヨーグルトを賢く取り入れてくださいね。

ヨーグルトを朝食に取り入れることで、健康的な一日のスタートを切ることができますよ。

これらの情報を参考に、ぜひ毎日の朝食にヨーグルトを取り入れてみてくださいね。

第4位:牛乳

牛乳はカルシウムが豊富で、骨の健康をサポートします。朝食に牛乳を取り入れることで、エネルギーを補給し、1日の始まりを健康的に過ごすことができます。シリアルやコーヒーに加えるのも良いですね。

牛乳には、カルシウムだけでなく、タンパク質やビタミンB2などの重要な栄養素も含まれています。これらの栄養素は、骨や歯を強化するだけでなく、筋肉の成長や修復、エネルギーの代謝にも重要な役割を果たします。

さらに、牛乳のカルシウムは他の食品と比べて吸収率が高く、特にビタミンDと一緒に摂取することでその吸収率がさらに向上します。ビタミンDは日光を浴びることで体内で生成されますが、魚や卵などの食品からも摂取できますよ。

ただし、日本人の一定割合は乳糖不耐症のため、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロすることがあります。その場合は、少量ずつ摂取したり、乳糖を分解した牛乳を選ぶと良いでしょう。無理に飲む必要はありませんので、自分の体調に合わせて取り入れてくださいね。

ミルクシェイクのレシピ

簡単なミルクシェイクを作りましょう。牛乳にバナナと蜂蜜を加えてミキサーで混ぜるだけで、美味しいミルクシェイクが完成します。朝食としても、おやつとしても楽しめますよ。

牛乳の健康効果

牛乳にはさまざまな健康効果があります。カルシウムが豊富で、骨粗しょう症の予防に役立ちます。カルシウムは骨の密度を維持し、骨折のリスクを減少させます。特に成長期の子供や高齢者にとって重要な栄養素です。

また、牛乳に含まれるカリウムは高血圧の予防にも効果的です。カリウムは体内のナトリウムバランスを調整し、血圧を安定させる働きがあります。さらに、牛乳にはビタミンB2も含まれており、皮膚や粘膜の健康を保つ効果もあります。

牛乳の摂取量

牛乳の1日の摂取量の目安として、成人の場合は200mlを1~2杯が適量です。これは、カルシウムの推奨摂取量を満たすための量でもあります。牛乳が苦手な方は、チーズやヨーグルトなどの乳製品で代用することもできますよ。

ミルクシェイクのバリエーション

ミルクシェイクには様々なバリエーションがあります。例えば、イチゴやブルーベリーを加えることで、フルーツミルクシェイクが楽しめます。また、アボカドやスピナッチを加えると、栄養満点のグリーンスムージーになります。これらのミルクシェイクは、朝食やおやつとして最適です。

このように、牛乳は健康に多くのメリットをもたらします。日常の食事に取り入れて、健康的な生活を送りましょう。ね。

 

第3位:バナナ

バナナはエネルギーが豊富で、ビタミンB6やカリウムが含まれています。

朝食にバナナを食べることで、エネルギーを補給し、筋肉の健康をサポートします。

また、糖質が含まれる割に吸収が穏やかなのも良い点ですね。

そのまま食べるのも良いですし、ヨーグルトやシリアルと一緒に食べるのもおすすめです。

バナナの健康効果

バナナにはビタミンB6が豊富に含まれており、これは脳の機能をサポートするのに役立ちます。

また、カリウムも多く含まれており、これは血圧を安定させ、心臓の健康を保つのに役立ちますよ。

さらに、バナナは食物繊維も含んでいるため、消化を助け、腸内環境を整える効果も期待できます。

バナナを朝食に取り入れることで、一日のエネルギーを効率よく補給し、健康を維持することができますね。

手軽に食べられるので、忙しい朝にもぴったりの食材です。

バナナスムージーの作り方

バナナスムージーはとても簡単に作れます。

バナナ、牛乳、ヨーグルト、蜂蜜を用意し、ミキサーに入れて混ぜるだけです。

まず、バナナを適当な大きさに切り、ミキサーに入れます。

次に、牛乳を200ml、ヨーグルトを100ml、蜂蜜を適量加えます。

ミキサーで滑らかになるまで混ぜれば、美味しいバナナスムージーの完成です。

朝食にぴったりで、エネルギー補給にも最適ですよ。

バナナの選び方と保存方法

美味しいバナナを選ぶためには、黄色くて少し黒い斑点があるものを選びましょう。

これはバナナが熟して甘くなっているサインです。

また、バナナは温度に敏感なので、直射日光を避け、涼しい場所で保管するのが良いですよ。

冷蔵庫に入れると皮が黒くなってしまいますが、味には影響しません。

食べきれない場合は、冷凍してスムージーやデザートに使うのもおすすめです。

冷凍する際は、皮をむいて適当な大きさに切ってから保存すると便利ですよ。

バナナを使った他のレシピ

バナナはスムージー以外にも様々な料理に使えます。

例えば、バナナパンケーキはとても人気があります。

バナナを潰して生地に混ぜるだけで、自然な甘さが加わり、美味しいパンケーキが作れます。

また、バナナブレッドも簡単に作れるので、おやつや朝食にぴったりです。

さらに、バナナとチョコレートの組み合わせも絶品で、バナナチョコレートムースやバナナチョコレートパフェなどもおすすめですよ。

ぜひ、いろいろなバナナレシピを試してみてくださいね。

第2位:納豆

納豆は発酵食品であり、その健康効果は多岐にわたります。腸内環境を整える効果があり、タンパク質やビタミンK2が豊富で、体の健康に役立ちます。また、納豆には特有の成分ナットウキナーゼが含まれており、血液をサラサラにする効果も期待されています。納豆ご飯として食べるのが一般的ですが、サラダやスープに加えるのもおすすめです。この記事では、納豆の健康効果とその摂取方法について詳しく解説しますね。

納豆の健康効果

納豆には、発酵によって生じるナットウキナーゼという酵素が含まれています。この酵素は血栓を溶かす作用があり、血液をサラサラにする効果が期待されています。これにより、脳梗塞や心筋梗塞の予防にも役立ちますよ。

さらに、納豆には豊富なタンパク質が含まれており、筋肉の生成や肌や髪の健康を保つのに役立ちます。タンパク質は体の基本的な構成要素であり、健康な生活を維持するためには欠かせない栄養素です。

納豆にはまた、大豆イソフラボンが含まれており、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用を持っています。これにより、更年期症状の緩和や骨粗しょう症の予防に効果が期待されています。

腸内環境を整えるための食物繊維も豊富に含まれており、便秘の改善に役立ちます。納豆菌は腸内の善玉菌を増やし、腸内フローラのバランスを改善してくれます。

納豆は、抗酸化作用も持っており、老化防止や免疫力の向上にも寄与します。これにより、日常的な健康維持や病気予防に役立つと言われています。

このように、納豆は健康に良い影響を与える多くの栄養素が含まれており、日々の食事に取り入れることで、全体的な健康をサポートしてくれますよ。

納豆サラダのレシピ

納豆サラダを作ってみましょう。納豆と新鮮な野菜を組み合わせることで、栄養バランスの良い一品が完成します。レシピは以下の通りです。

まず、レタス、トマト、キュウリなどのお好みの野菜を用意します。これらの野菜を一口大にカットし、大きなボウルに入れます。

次に、納豆1パックを加え、ポン酢を適量かけます。納豆の粘り気が全体に行き渡るように、軽く混ぜ合わせます。

最後に、炒りゴマやカットしたネギをトッピングすると、風味が増してさらに美味しくなります。

この納豆サラダは、簡単に作れて栄養満点です。忙しい朝食やランチにもぴったりですよ。

納豆の健康効果を活かした美味しいレシピを試してみてくださいね。日々の食事に取り入れて、健康な生活をサポートしましょう。

納豆と他の食材の組み合わせ

納豆は他の食材と組み合わせることで、さらに健康効果を高めることができます。例えば、納豆とネギを一緒に食べることで、ビタミンCを補うことができます。ビタミンCは納豆には少ないため、ネギなどのビタミンCが豊富な食材と組み合わせると良いですよ。

また、納豆とトマトの組み合わせもおすすめです。トマトにはリコピンが含まれており、強力な抗酸化作用があります。これにより、納豆の健康効果をさらに引き出すことができます。

納豆と卵の組み合わせも良いですね。卵は良質なたんぱく質を含んでおり、納豆と一緒に摂取することで、バランスの取れた栄養を摂ることができます。卵かけ納豆ご飯は手軽で美味しい朝食になりますよ。

他にも、納豆とキムチを組み合わせることで、乳酸菌と納豆菌のダブル効果が期待できます。これにより、腸内環境がさらに整えられ、免疫力の向上にも役立ちます。

これらの組み合わせを試して、納豆の健康効果を最大限に引き出す工夫をしてみてくださいね。

納豆はそのままでも美味しいですが、他の食材と組み合わせることで、新たな美味しさと健康効果を楽しむことができます。ぜひ、いろいろなレシピを試してみてください。

納豆の摂取のポイント

納豆を健康的に摂取するためには、いくつかのポイントがあります。まず、納豆は毎日1パックを目安に摂ると良いでしょう。過剰摂取は控え、バランス良く食べることが大切です。

また、納豆は加熱しないで食べるのがおすすめです。ナットウキナーゼは熱に弱く、加熱するとその効果が失われてしまいます。納豆ご飯やサラダなど、加熱しない料理で摂取するのが理想的です。

納豆を食べる時間も重要です。整腸効果を期待するなら朝に、血栓予防を狙うなら夜に摂るのが良いとされています。自分の健康目標に合わせて、食べる時間を調整してみてください。

さらに、納豆はビタミンKが豊富なため、ワーファリンなどの抗凝固薬を服用している方は注意が必要です。服用中の薬との相互作用に気をつけてくださいね。

このように、納豆の摂取にはいくつかのポイントがあります。正しい方法で取り入れることで、その健康効果を最大限に活かすことができますよ。

毎日の食事に納豆を取り入れて、健康な生活を送りましょう。納豆のパワーをぜひ実感してくださいね。

 

第1位:たまご

たまごはタンパク質が豊富で、ビタミンやミネラルもバランスよく含まれています。

朝食にたまごを取り入れることで、エネルギーを持続的に供給し、満腹感を長く保つことができます。

さらに、たまごは多様な調理法で楽しむことができ、毎日の朝食に変化をつけることができますよ。

ゆでたまご、スクランブルエッグ、オムレツなど、様々な方法で美味しくいただけます。

たまごの栄養価

たまごは高品質のタンパク質を提供します。

1個のたまごには約6グラムのタンパク質が含まれており、これは筋肉の成長や修復に役立ちます。

また、たまごにはビタミンA、D、E、B12が豊富で、これらのビタミンは免疫力を高める効果があります。

さらに、たまごにはセレン、コリン、リノール酸などの重要な栄養素も含まれており、脳の健康や代謝機能のサポートに役立ちますよ。

たまごを朝食に取り入れることで、一日の栄養バランスを整えることができますね。

以前はコレステロール値が高い方は卵の摂取量に注意しましょうと言われていましたが、現在では多くの研究で食べ物で血中コレステロールの値がほとんど変化しないことが分かっています。

安心して卵を食べてくださいね。

しかし、卵アレルギーなど卵がダメな人や苦手な人は無理に食べないでくださいね。

たまごの調理法

たまごは様々な調理法で楽しむことができます。

例えば、ゆでたまごは簡単で手軽な朝食メニューです。

ゆでたまごを作るには、たまごを沸騰したお湯に入れて8〜10分茹でるだけです。

スクランブルエッグは、たまごを割ってボウルに入れ、塩とコショウで味付けし、フライパンでかき混ぜながら焼くだけです。

オムレツは、たまごにミルクを少し加えて混ぜ、好きな具材を入れてフライパンで焼きます。

これらの調理法を試して、毎日の朝食にバリエーションを加えてみましょう。

たまごの健康効果

たまごを朝食に取り入れることで、様々な健康効果が期待できます。

まず、たまごに含まれる高品質のタンパク質は、筋肉の維持と成長を助けます。

また、ビタミンDが豊富なたまごは、骨の健康をサポートし、骨粗鬆症のリスクを低減します。

さらに、たまごには抗酸化物質が含まれており、細胞のダメージを防ぎ、老化を遅らせる効果があります。

たまごを毎日の朝食に取り入れることで、エネルギーの供給をスムーズにし、一日を元気に過ごすことができますよ。

また、たまごの満腹感を得ることで、間食を減らし、体重管理にも役立ちますね。

楽天市場で人気の新鮮美味しい卵たち↓

九州産赤玉「太陽卵(10個入り5パック)」送料無料 家庭用 小分け 朝採れ 長崎産 たまご タマゴ 玉子 生卵 鶏卵 新鮮 濃厚 採れたて 生みたて

もみじ たまご 160個(破損補償10個含む) 【 卵 九州 熊本県産 新鮮】【送料無料 九州熊本産 たまご 卵 玉子 生卵 卵焼き たまごかけごはん ギフト 】

新鮮たまご2種選べるお試しセット【生卵合計30個入(生卵25個+破損保証5個)】 緑の一番星 15個+にんにく卵or平飼い有精卵15個 卵 玉子 たまご 高級 卵かけご飯に お試し 食べ比べ ギフト 送料無料 青い卵 お取り寄せ グルメ 結婚祝い

まとめ

以上、【林修の今知りたいでしょ!】で紹介された医師52人が選んだ最強の朝メシベスト10でした。

これらの食品を朝食に取り入れることで、健康的な一日をスタートさせることができますね。

毎日の朝食を見直し、バランスの良い食事を心がけましょう。

健康は日々の積み重ねです。

これらの食品を積極的に取り入れて、元気な毎日を過ごしてくださいね。

医師が選んだ理由

医師たちは、これらの食品を選ぶ際に、それぞれの食品が持つ健康効果を重視しました。

例えば、たまごは高品質なタンパク質源であり、全体の栄養バランスが良い食品です。

納豆は発酵食品であり、腸内環境を整える効果があるため、消化器系の健康に良いとされています。

また、バナナは即効性のあるエネルギー源であり、運動前の軽食としても最適です。

これらの食品を日々の朝食に取り入れることで、健康維持や病気予防に役立てることができますよ。

朝食の重要性

朝食をしっかり摂ることは、1日の始まりにとても重要です。

朝食を抜くと、エネルギー不足に陥り、集中力や仕事の効率が低下することがあります。

また、朝食を摂ることで代謝が活性化し、1日のカロリー消費が促進されるため、ダイエットにも効果的です。

さらに、バランスの良い朝食を摂ることで、栄養不足を防ぎ、体調を整えることができます。

健康的な生活を送るためには、毎日の朝食が欠かせませんね。

手軽に取り入れる方法

忙しい朝でも、手軽に取り入れられる朝食メニューを紹介します。

例えば、ヨーグルトにバナナや蜂蜜を加えるだけで、栄養満点の朝食が完成します。

また、トマトをスライスしてオリーブオイルと塩をかけるだけで、簡単で美味しいサラダが作れます。

玄米を前の晩に炊いておけば、朝は温めるだけで食べられます。

さらに、コーヒーや牛乳はそのまま飲むだけでも良いですが、シェイクやスムージーにすることで、さらに美味しく摂取できます。

手軽に準備できる朝食メニューを取り入れて、健康的な朝を迎えましょう。

この記事が役に立ち、健康的な朝食選びの参考になれば幸いです。

 

参考:

長野県を日本一の長寿県に導いた名医監修!最強の“朝メシ”ベスト10発表
本日6月26日(水)放送の『林修の今知りたいでしょ!』は、『朝メシまで。』との合体スペシャル。長野県を食生活の改善などで日本一の長寿県に導いた鎌田實先生(諏訪中央病院名誉院長)監修のもと、医師52名が選んだ最強の“朝メシ”BEST10を発表...続きを読んで☆

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました