PR
スポンサーリンク
You can translate this page here.
スポンサーリンク

人気の安産祈願の神社はここ!【宮城県】

観光
この記事は約10分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

宮城県には、安産祈願に特化した神社が数多く存在します。

これらの神社は、妊娠中の女性やその家族にとって、大切な訪問地となっています。

今回は、宮城県で特に人気のある安産祈願の神社をご紹介します。

これらの神社は、安産の願いを込めた祈りの場として、多くの方々に選ばれています。

安産祈願は、妊娠中の女性が健康で無事に出産することを願って行う日本の伝統的な儀式です。特に妊娠5か月目の最初の「戌の日」に行われることが一般的です。

スポンサーリンク

安産祈願の歴史と由来

安産祈願の歴史は古く、その起源は定かではありませんが、「古事記」にも記述が見られます。

江戸時代までは「子の日」に行われることもあったようですが、現在は戌の日に行われるのが一般的です。

戌(犬)は安産の象徴とされ、その力にあやかる意味があります​​。

 

儀式の流れ

安産祈願では、神社や寺で祈祷を受けた後、岩田帯(腹帯)を巻くことが伝統です。岩田帯は、穢れや災いから赤ちゃんを守る意味を持ちます。以前は妊婦の実家から送られることが多かったですが、現在は様々なタイプがあり、自分で選ぶことも一般的です​​。

安産祈願に参加する人

伝統的には親族が集まって行うことが多かったですが、現代では妊婦本人と夫、または妊婦本人のみで行うケースも増えています。

体調がすぐれない場合には、代わりに家族が参加することもあります​​​​。

 

服装と持ち物

安産祈願の際の服装は、特に厳密なマナーはなく、体を締め付けない楽な服装が推奨されます。

靴は履き慣れたものを選び、神社や寺の環境に合わせて歩きやすいものが良いでしょう。

持ち物としては、初穂料(祈祷料)、賽銭用の現金、必要な場合は腹帯、手さげ袋やエコバッグ、母子健康手帳などが挙げられます​​​​。

 

初穂料

初穂料は神社やお寺によって異なり、一般的には5,000~10,000円程度ですが、人数が多くなると初穂料も高くなることがあります。

のし袋に入れて納めるのがマナーです​​​​。

安産祈願は、母子の健康を願う大切な行事であり、妊娠中の精神的な安定にも役立つとされています​​。

 

それでは宮城県で人気の安産祈願神社を紹介していきましょう。

 

早馬神社:北条政子の安産祈願をしたという歴史ある神社

早馬神社は、宮城県気仙沼市に位置し、安産祈願や子育てに御利益があるとされています。この神社は、鎌倉武将梶原景時の兄、梶原景実によって創建され、歴史的に重要な場所として知られています。

源頼朝公の夫人である北条政子の安産祈願を執り行い、安産であったという史実に基づき、安産・子育ての神様としての信仰を集めています。

ここでは、安産祈願の御祈祷のお下がりとして「腹帯」が授与され、これにより妊婦さんの心身を安定させる効果があります。

安産祈願の際、御神札や桐箱入りのお守りも授与され、妊娠五ヶ月目の戌の日に行うことが一般的です。

安産祈願の流れと授与品

安産祈願の御祈祷は毎日午前8時から午後4時まで約30分間隔で行われ、事前予約は電話でのみ受け付けています。

祈祷で戴いた御神札は、初宮詣の際に神社に返納することが推奨されています。

新型コロナウイルス対策として、密を避けるための措置が講じられており、参拝者の安全が確保されています。

また、郵送による安産祈願の申し込みも可能で、遠方の方や新型コロナウイルスの感染が心配な方にとっては便利な選択肢となります。

安産祈願に関するその他の情報

安産祈願に関する詳細情報は、早馬神社の公式ウェブサイトや関連ページで提供されています。

安産祈願の初穂料(祈祷料)は5,000円からとなっており、お参りの際の服装やその他の注意点についても情報が提供されています。

戌の日の日程や安産祈願に関する豆知識などもウェブサイト上で確認することができ、安産祈願を予定している方にとって役立つでしょう。

 

 

定義如来西方寺:三角油揚げも人気の観光スポット

定義如来西方寺は、その歴史ある建築と静かな環境で知られています。ここでの祈りは、心に深い安らぎをもたらすでしょう。

定義如来西方寺は、その長い歴史と静かな環境で知られ、多くの人々が心の安らぎを求めて訪れる場所です。特に子宝祈願や安産祈願に力を入れており、昔からの風習に従って特別なご祈祷が行われます。

定義如来西方寺の安産祈願

安産祈願では、妊婦さんの名前で申し込みを行い、ご祈祷料金は2,000円から始まります。ここでは、「安産腹帯」を1,500円で購入することができ、持参した腹帯に「安産」の朱印を押してもらうことも可能です。また、独自の「安産枕」を借りることもでき、出産のお礼参りでは、作成した安産枕を一つ追加して返却することが慣例です。

子宝祈願では、夫婦連名で申し込みを行い、ご祈祷料金は3,000円からとなっています。ここでは、「子授け人形」を自由に借りることができ、お礼参りの際には一体購入して二体にして返却します。

その他の情報

  • ご祈祷の事前予約は必要なく、ご祈祷時間の15分前までに受付を済ませるだけです。
  • 定義如来西方寺では、他にも身体健康、商売繁盛、病気平癒など様々な願いを叶えるご祈祷を行っています。
  • ご祈祷料金には、ご祈祷料、御札代、御守り代が含まれています。郵送でのご祈祷も可能で、その場合の送料は500円からとなります。

この寺院は、平家ゆかりの阿弥陀如来様を秘仏としてお祀りしており、約800年の歴史を持ちます。訪れる人々には、その長い歴史を感じることができるでしょう。

 

鹽竈神社:由緒ある神社

鹽竈神社は、宮城県塩竈市に鎮座し、安産の神として全国から崇敬されています。ここでは、妊娠5ヶ月目の戌の日に安産祈願を行う風習があります。

安産祈願では、特別なピンクの絵馬に願いを込めることができ、神社の敷地内にあるお茶屋さんで休憩を取ることも可能です。

御祈祷は約20分間で行われ、参拝者はリラックスした姿勢で受けることができます。

終了後には、御札や安産守、安産腹帯などの授与品を受け取ることができます。

御祈祷の流れと授与品

御祈祷は受付後、約20分で順番が来ます。受ける際は無理に正座をせず、楽な姿勢で参加できます。

御祈祷中は和太鼓の演奏があり、その後、御札や安産守、腹帯などの授与品を受け取ります。

授与品には、漆塗りの御神箸も含まれ、普段の食事に使用することもできます。

安産祈願が終わった後、庭園横のお茶屋さんで休憩することがおすすめです。

戌の日と安産祈願

戌の日は犬が安産の象徴とされるため選ばれ、妊娠5ヶ月目の戌の日に安産祈願を行うことが一般的です。

戌の日は約12日ごとに巡ってくるため、カレンダーで事前に日程を確認することが重要です。

体調や都合に合わせて参拝日を選ぶことができ、代理での参拝も可能です。

神社によっては、自分で腹帯を用意する必要がある場合もあるため、事前に確認が必要です。

 

山神社:子授け・安産の神様

山神社(やまのかみしゃ)は、自然に囲まれた環境で安産祈願や子授け祈願を行うことができる神社です。江戸時代から多くの人々に信仰されており、安産・子授けの神として知られています。

ここでは、「神枕」と呼ばれる特別な枕を、安産祈願や子授け祈願の際に受け取ることができます。この枕は、子供が授かるように、またはお産が軽くなるようにという意味が込められています。

祈祷受付時間は、午前9時から午後4時までで、年中無休で行われています。事前予約は不要で、直接参拝することが可能です。

美しい庭園もあり、訪れる人々に穏やかな時間を提供します。自然の中での散策も楽しむことができるため、心身のリラックスにも最適です。

安産祈願の流れと初穂料

安産祈願では、神枕やお守りを受け取ることができます。初穂料は個人で5,000円以上、団体で1,500円以上となっており、団体祈祷は10人以上から受け付けています。

安産御守札料として5,000円ではお札・お守り・神枕・神前箸が、7,000円ではこれらに加えて腹帯が、10,000円ではこれら全てに加えてお神酒・腹帯2つが含まれます。

ご自身で腹帯を持っている場合は、神社でお祓いすることも可能です。

戌の日や厄年表、八方除に関する情報も提供されています。

アクセスと周辺情報

山神社は宮城県遠田郡美里町にあります。最寄り駅は東北本線「小牛田駅」から徒歩約20分の位置にあります。

駐車場は無料で20台分のスペースがあり、車でのアクセスも便利です。

周辺にはグルメやランチ情報も豊富にあり、参拝後に地元の食事を楽しむこともできます。

 

二柱神社:縁結びと安産祈願

二柱神社は、宮城県仙台市に鎮座する神社で、地元の人々に深く愛されています。安産祈願や縁結びなど、個人の願いに寄り添った祈祷が行われ、参拝者に心の平安をもたらすことで知られています。

安産祈願のための祈祷は、事前予約が不要で、社務所に直接申し込むことができます。祈祷の料金は10,000円以上からお気持ちで設定されており、妊娠期間や出産予定日を申込用紙に記入することが必要です。

祈祷の流れとしては、まず社務所で申込用紙を提出し、初穂料を支払います。準備が整い次第、拝殿で約20分間の祈祷が行われ、その後、授与品を受け取ることができます。

二柱神社は、一般的に男の子は生後31日、女の子は33日に初宮詣を行うとされていますが、これは必須ではなく、お子様の体調に合わせて日にちを決めることが推奨されています。

アクセスとその他の情報

二柱神社は、仙台市泉区市名坂西裏に位置しています。電話でのお問い合わせも可能で、神社に赴いての御祈祷や事前の相談が行えます。

安産祈願の際の服装に関して特に厳格な規定はなく、体を締め付けない動きやすい服装が推奨されています。

神社の周辺には、散策を楽しむことができる自然豊かな環境が広がっており、参拝の後は心地よい時間を過ごすことができます。

 

 

大崎八幡宮:国宝指定の神社

大崎八幡宮は、宮城県仙台市に位置する国宝指定の神社です。長い歴史と美しい建築で知られ、安産祈願をはじめ、多くの参拝者が訪れます。

安産祈願の御祈祷は予約不要で、祭儀棟で受け付けています。祈祷時間は9:00〜16:00までです。

初穂料は5,000円からで、お手持ちの腹帯を持参することができ、お祓いを受けることができます。

参拝者用の駐車場があり、車でのアクセスも便利です。境内は平坦な道で構成されており、妊婦の方にも歩きやすいとされています。

アクセス情報

大崎八幡宮は仙台駅から車で約15分、または仙山線「国見駅」、「東北福祉大駅」から徒歩15分の距離にあります。

仙台市営バスを利用する場合、「大崎八幡宮前」バス停が最寄りになります。

大崎八幡宮の公式サイトには、境内案内や交通案内などの詳細情報が掲載されています。

参拝後は、周辺のグルメやランチスポットを楽しむこともできます。

 

 

 

宮城県の安産祈願神社まとめ

宮城県には、安産祈願に適したさまざまな神社があり、各神社には独自の特色と魅力があります。ここでは、特におすすめのいくつかの神社を紹介します。

鹽竈神社

  • 宮城県塩竈市にある鹽竈神社は、安産の神として全国から崇敬されています。
  • 安産祈願専用のピンクの絵馬があり、神社の庭園横には休憩できるお茶屋さんもあります。
  • 住所: 宮城県塩竈市一森山1-1
  • 公式サイト: 鹽竈神社公式サイト

大崎八幡宮

  • 仙台市にある大崎八幡宮は、応神天皇・仲哀天皇・神功皇后を祭神としており、安産祈願には5,000円からの初穂料が必要です。
  • 神社の住所: 宮城県仙台市青葉区八幡4丁目6-1

二柱神社

  • 仙台市泉区市名坂西裏にある二柱神社も、地元の人々に愛されている神社の一つです。
  • 安産祈願や縁結びなど、個人の願いに寄り添った祈祷が行われます。

山神社

  • 山神社は自然に囲まれた環境で安産祈願や子授け祈願が行える神社です。
  • 宮城県遠田郡美里町に位置しています。

定義如来西方寺

  • 仙台市にある浄土宗の寺院で、子宝祈願や安産祈願、厄除け厄払いなどを行っています。

早馬神社

  • 宮城県気仙沼市に位置し、安産祈願や子育てに御利益があるとされる神社です。

これらの神社はそれぞれに特色があり、安産祈願に訪れる方々に心の平安をもたらすでしょう。参拝を考えている方は、各神社の公式ウェブサイトや安産祈願に関する情報ページを参照して、詳細を確認することをお勧めします​​​​​​。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました