PR
スポンサーリンク
You can translate this page here.

読書感想文はどんな本が良い?ジャンルは?2024

この記事は約25分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

読書感想文を書く際にどの本を選ぶかは非常に重要ですよね。選ぶ本のジャンルによって感想文の書きやすさが大きく変わります。

今回は、読書感想文に適した本のジャンルについてご紹介します。

これを読めば、どんな本を選べばいいのか迷わなくなりますよ。

青空文庫の人気作品10選:読書感想文にもおすすめ【夏休みの宿題】
青空文庫は、日本の著名な文学作品を無料で提供する素晴らしいリソースですよ。 多くの人々がアクセスしている人気作品を紹介しますね。 この記事では、2021年と2022年の7月と8月のアクセスランキングを基に、読者に愛されている作品を詳しく見て...続きを読んで☆
スポンサーリンク
スポンサーリンク

読書感想文が宿題に出される理由

 

読書感想文が宿題に出される理由は多岐にわたりますが、主な理由は以下の通りです。

まず、読書の楽しさを知ることが目的です。

本を読むことで、自分だけのイメージを形成し、物語の中に入り込むことができます。

これにより、子どもたちは読書の楽しさを体感し、読書への興味を持つようになりますね。

次に、考える力や書く力を育てることです。

読書感想文を書く過程で、自分の考えを整理し、それを言葉にすることで、論理的思考力や表現力が向上します。

これは学年を問わず、将来的にも必要なスキルですよ。

読書の楽しさを知る

読書感想文を通じて、子どもたちは読書の楽しさを発見することができます。

本を読み進める中で、物語の世界に入り込むことができるので、読書が楽しいと感じるようになりますね。

特に、自分と同年代の主人公が登場する作品や、学校生活を描いた作品は共感しやすく、読書の楽しさを実感しやすいです。

読書感想文を書くことで、読書への興味が増し、より多くの本を読みたくなるでしょう。

これが、読書感想文が宿題として出される大きな理由の一つです。

読書感想文を書くことで、子どもたちは読書の楽しさを知り、本を読む習慣を身につけることができますよ。

考える力や書く力を育てる

読書感想文を書くことで、考える力や書く力を育てることができます。

自分の考えを整理し、それを言葉にする過程で、論理的思考力や表現力が向上します。

これは学年を問わず、将来的にも必要なスキルです。

読書感想文を書くことで、自分の考えを他人に伝える力が養われます。

また、読書感想文を書くことで、文章力も向上しますね。

このように、読書感想文は考える力や書く力を育てるための大切な宿題です。

読書感想文の構成

読書感想文を書く際には、構成を考えることが重要です。

まず、本を選ぶことから始めます。

次に、本を読みながらメモを取ると、感想文を書くときに役立ちますよ。

本を読み終わったら、感想文の構成を考えます。

序論では、本を選んだ理由や大まかなあらすじを述べます。

本論では、印象に残ったシーンや自分の感想を書きます。

結論では、本を読んで得たことや今後の自分への影響を書きます。

読書感想文を書くコツ

読書感想文を書く際のコツをいくつかご紹介します。

まず、本を読みながら印象に残ったシーンやセリフをメモしておくと、後で感想文を書くときに役立ちます。

また、自分の感想や考えを具体的に書くことで、読み手に伝わりやすくなりますね。

さらに、感想文を書く前に構成を考えることで、スムーズに文章を書くことができます。

読書感想文は、自分の考えを整理し、他人に伝えるための大切な練習です。

このように、読書感想文を書く際には、いくつかのコツを押さえることが重要ですよ。

読書が苦手な人におすすめのジャンル:読書感想文

カフェ 読書

読書感想文を書く際に本選びは非常に重要です。特に読書が苦手な人には、どんな本を選ぶかで大きく差が出ますね。今回は、読書が苦手な人におすすめのジャンルを紹介します。これを参考にすれば、読書感想文もスムーズに書けるようになりますよ。

まず、読書感想文の本選びは、自分が興味を持てるジャンルを選ぶことが大切です。興味のある本なら、自然と読み進められ、感想も湧きやすくなりますよね。そこで、読書が苦手な人でも読みやすい、おすすめのジャンルをいくつかご紹介します。

次に、選ぶジャンルによって、感想文の書きやすさが変わります。たとえば、物語が分かりやすく、キャラクターに共感しやすい本を選ぶと、感想文も書きやすいですよ。また、日常生活に役立つ情報が含まれている本も、興味を引きやすいです。

最後に、読書が苦手な人には、短編やエッセイもおすすめです。これらは短い文章で構成されているため、負担が少なく、気軽に読み進められます。それでは、具体的なジャンル別におすすめの本を見ていきましょう。

エッセイ

エッセイは、日常の出来事や著者の個人的な体験を綴ったもので、気軽に読めるのが特徴です。読書が苦手な人でも、短い文章で気軽に読み進められるため、感想文を書きやすいですよ。

エッセイは、共感できる内容が多いため、自分の意見や感想を盛り込みやすいです。また、著者の独自の視点やユーモアを楽しみながら読めるので、読書の楽しさも味わえますね。

おすすめのエッセイとしては、林真理子さんの『今夜、宇宙の片隅で』や、角田光代さんの『恋する日本文学』があります。どちらも読みやすく、感想を書きやすい内容ですよ。

また、エッセイを読むことで、日常の出来事や自分の考え方を振り返るきっかけにもなります。自分自身と向き合う時間を作ることで、深い感想を書けるようになりますよ。

読書感想文を書くための本選びに迷ったら、まずはエッセイから始めてみるのも一つの方法です。気軽に読めて、感想も書きやすいので、初心者におすすめのジャンルです。

児童文学

児童文学は、子ども向けに書かれた文学作品でありながら、大人が読んでも感動できるものが多いです。物語がシンプルで分かりやすく、共感しやすいキャラクターが登場するため、読書が苦手な人にもおすすめです。

たとえば、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』や、アンデルセンの『人魚姫』など、誰もが知っている名作があります。これらの作品は、感動的なストーリーが心に残りやすく、感想を書きやすいですよ。

児童文学は、物語が短めであることが多いので、読書の負担が少なく、最後まで読み通しやすいです。また、教訓やメッセージが明確に描かれているため、感想文に書くポイントも見つけやすいです。

さらに、児童文学を読むことで、自分の子ども時代を振り返るきっかけにもなります。懐かしい気持ちと共に、感想を書くことができるので、非常に書きやすいですよ。

読書感想文の本選びに悩んだら、ぜひ児童文学を選んでみてください。シンプルで感動的な物語が、あなたの感想文を豊かにしてくれるでしょう。

短編集

短編集は、複数の短い物語が集まった本で、一つ一つの物語が短いため、読書が苦手な人にもおすすめです。少しずつ読み進められるので、読書の負担が少なく、感想も書きやすいです。

短編集の中には、ミステリーやSF、ファンタジーなど、さまざまなジャンルがあります。自分の興味に合わせて選ぶことができるので、楽しみながら読めますよ。

例えば、芥川龍之介の『羅生門』や、村上春樹の『レキシントンの幽霊』など、名作とされる短編集があります。どちらも読みやすく、深いテーマが含まれているので、感想を書きやすいです。

また、短編集を読むことで、さまざまな作家のスタイルやテーマに触れることができ、自分の読書の幅を広げることができます。これは、読書感想文を書く際にも非常に役立ちますよ。

短編集は、一つ一つの物語が短いため、感想を書くポイントが絞りやすいです。複数の物語を読んで比較することで、より深い感想文を書くこともできますね。

読書感想文の本選びに迷ったら、ぜひ短編集を選んでみてください。さまざまな物語を楽しみながら、感想文もスムーズに書けるようになるでしょう。

1. 小説

読書感想文を書くための本として、まずおすすめなのが小説です。

小説はストーリー性が高く、登場人物の心情や物語の展開について考えることができるため、感想文に書きやすい素材が豊富です。

特に、自分と同年代の主人公が登場する作品や、学校生活を描いた作品は共感しやすく、感想を書きやすいですよ。

また、物語の中での出来事やキャラクターの行動について、自分自身の経験や考えと照らし合わせて書くことで、より深い感想文を作成することができますね。

現代の若者を描いた小説

現代の若者を描いた小説は、読書感想文に非常に適しています。

例えば、東直子の『コンビニたそがれ堂』や森絵都の『西の魔女が死んだ』は、主人公が自分と近い年代であるため、共感しやすく、感想も書きやすいです。

また、学校生活や日常の出来事が描かれているため、自分自身の経験と重ね合わせて感想を書きやすいですね。

物語の中での主人公の成長や葛藤に対する感想を書くことで、より深い読書感想文を作成することができます。

共感できるシーンや登場人物の心情について、自分の感じたことを具体的に書くと良いですよ。

このように、現代の若者を描いた小説は、読書感想文の題材として非常に適しています。

ファンタジー小説

ファンタジー小説も読書感想文に適したジャンルです。

例えば、C.S.ルイスの『ナルニア国物語』やJ.K.ローリングの『ハリー・ポッター』シリーズは、読者の想像力を刺激する素晴らしい作品です。

ファンタジーの世界観や登場人物の冒険を通じて、自分自身の想像力を膨らませながら感想を書くことができます。

また、現実とは異なる設定や魔法の存在について、自分なりの解釈や感想を書くことで、オリジナリティのある読書感想文を作成することができますね。

ファンタジー小説は、その独特の世界観やストーリー展開が魅力的で、感想文を書く際に豊富な素材を提供してくれます。

読んだ後に感じたことや印象に残ったシーンについて、詳しく書くことがポイントですよ。

クラシック文学

クラシック文学も読書感想文に適したジャンルです。

例えば、夏目漱石の『坊っちゃん』や森鴎外の『舞姫』は、日本文学の名作であり、感想文の題材として非常に優れています。

クラシック文学は、深いテーマや普遍的な人間の感情が描かれているため、感想を書きやすいです。

また、歴史的背景や時代設定についても学ぶことができるため、感想文を書く際に参考になりますね。

登場人物の行動や心情について、自分なりの解釈や感想を書くことで、より深い読書感想文を作成することができます。

クラシック文学は、その普遍的なテーマや深い洞察力が魅力的で、感想文を書く際に多くのヒントを与えてくれますよ。

2. ビジネス書

ビジネス書も読書感想文の題材として非常に有効です。

ビジネス書は、具体的な方法論や著者の経験談が含まれており、自分の考え方や価値観と比較することで深い感想を書くことができます。

また、実生活に役立つ知識を学べるため、読む価値も高いですよ。

ビジネス書を読むことで、仕事や日常生活に役立つ新しい視点を得ることができますね。

ビジネス書の選び方

ビジネス書を選ぶ際には、自分の興味や関心に合ったものを選ぶことが大切です。

例えば、リーダーシップに関心があるならリーダーシップに関する本を、マーケティングに興味があるならマーケティングの本を選びましょう。

さらに、著者の背景や評判もチェックすると良いですよ。

著名な経営者や専門家が書いた本は信頼性が高く、有益な情報が多く含まれていることが多いです。

また、レビューや評価を参考にして、他の読者の意見も考慮すると良いですね。

特に初心者の場合は、入門書やベストセラーを選ぶと安心です。

ビジネス書を読む際のポイント

ビジネス書を読む際には、以下のポイントに注意しましょう。

まず、全体の構成や目次を確認して、どのような内容が含まれているかを把握します。

次に、重要な部分や自分が特に興味のある部分に注目して読み進めると良いですよ。

また、読書中にはメモを取りながら読むことをおすすめします。

メモを取ることで、後から感想文を書く際に役立つ情報を整理できますね。

さらに、自分の経験や考えと照らし合わせながら読むことで、深い理解と共感が得られます。

おすすめのビジネス書

ここでは、読書感想文におすすめのビジネス書をいくつか紹介します。

まず、スティーブン・R・コヴィーの『7つの習慣』です。

この本は、個人の成長とリーダーシップに関する具体的な方法論が豊富に書かれています。

次に、ティム・ブラウンの『ゼロから始めるデザイン思考』です。

デザイン思考の基本と実践方法が分かりやすく説明されており、創造性を高めるためのヒントが満載です。

最後に、ロバート・B・チャルディーニの『影響力の武器』です。

この本は、人間心理と説得技術についての知識が得られるため、ビジネスや日常生活でのコミュニケーションに大いに役立ちますよ。

ビジネス書の感想文を書くコツ

ビジネス書の感想文を書く際には、以下のコツを押さえておくと良いですよ。

まず、本を選んだ理由や読んだきっかけを簡潔に書きます。

次に、本の内容を簡単にまとめ、特に印象に残った部分や学びを詳しく述べます。

その際、自分の経験や考えと関連付けて書くと、感想文がより深みのあるものになりますね。

さらに、本を読んだ後に自分がどのように変わったか、どのように実生活に活かすかを具体的に書くと良いでしょう。

最後に、全体の感想やこの本を他の人におすすめするかどうかをまとめて書くと、バランスの取れた感想文が完成しますよ。

ビジネス書を活用する方法

ビジネス書を読んで得た知識を実生活で活用するためには、以下の方法があります。

まず、読んだ内容を実際に試してみることです。

例えば、リーダーシップの本を読んだら、職場でリーダーシップを発揮するための行動を実践してみましょう。

また、読書仲間や同僚と本の内容について話し合うことで、理解が深まり新しい視点を得ることができます。

さらに、定期的にビジネス書を読み続けることで、常に最新の知識を身につけ、自己成長を促進することができますね。

最後に、読んだ内容をノートにまとめておくと、後で見返すことができるので便利です。

3. エッセイ・随筆

エッセイや随筆は、著者の個人的な体験や考えが綴られているため、感想文に書きやすいジャンルです。

短い文章で構成されていることが多いため、読書のハードルも低く、自分の感想や考えを自由に書きやすい特徴があります。

また、エッセイや随筆は、日常の出来事や感じたことをリアルに描写しているため、共感しやすく、感想を書きやすいですよね。

著者の視点や考え方を読みながら、自分自身の経験と照らし合わせて考えることができるので、読書感想文を書く際に非常に便利です。

エッセイ・随筆の魅力

エッセイや随筆の最大の魅力は、そのリアルな描写と著者の個人的な視点です。

日常の些細な出来事から、人生の大きな転機まで、幅広いテーマが取り上げられているため、自分にとって興味深いトピックを見つけやすいです。

また、著者の考えや感情がストレートに伝わってくるので、共感しやすく、感想を書きやすいですよ。

たとえば、人気のエッセイストである村上春樹の『走ることについて語るときに僕の語ること』は、彼のランニングに対する情熱や考え方が綴られており、読むだけで元気が出てきます。

このように、自分の日常と重ね合わせながら読めるエッセイや随筆は、読書感想文を書く際の素材として最適です。

さらに、エッセイや随筆は、短い章ごとに分かれていることが多いため、時間のないときでも手軽に読み進められるのも魅力ですね。

感想文に書きやすいエッセイ・随筆の例

感想文に書きやすいエッセイや随筆として、以下のような作品があります。

『人生の歩き方』は、著名なエッセイストが綴る人生の教訓やアドバイスが満載で、自分の経験と照らし合わせて感想を書くのに最適です。

また、『美しい日本の私』は、著者の日本文化に対する愛情と考え方が綴られており、日本文化に興味がある人におすすめです。

さらに、山田詠美の『ぼくは勉強ができない』は、著者の個人的な体験と考えがリアルに描かれており、読者に深い感動を与えます。

これらの作品は、それぞれが異なるテーマを持っているため、自分の興味に合わせて選ぶことができます。

感想文を書く際には、自分がどのように感じたか、何を考えたかを具体的に書くことで、読み手に伝わりやすい感想文になりますよ。

エッセイ・随筆の選び方のポイント

エッセイや随筆を選ぶ際には、自分の興味や関心に合ったものを選ぶことが大切です。

自分の日常生活や経験と共感できるテーマが取り上げられている作品を選ぶことで、感想を書きやすくなります。

また、著者の書き方や文体が自分に合っているかどうかも重要です。読みやすい文体の作品を選ぶことで、スムーズに読み進めることができます。

さらに、短い章ごとに分かれている作品を選ぶと、忙しい日常の中でも手軽に読み進められるのでおすすめです。

例えば、『猫にウケるセンス』は、著者のユーモア溢れる筆致で日常の出来事が描かれており、気軽に読める一冊です。

エッセイや随筆は、著者の個人的な体験や考えを通じて、自分自身の考えや感情を見つめ直す良い機会になります。自分に合った作品を見つけて、楽しく読書感想文を書いてみてくださいね。

エッセイ・随筆を書く際のポイント

エッセイや随筆を書く際には、以下のポイントを押さえると良いですよ。

まず、自分が体験した出来事や感じたことを素直に書くことが大切です。

次に、自分の考えや感情を具体的に表現することで、読み手に伝わりやすくなります。

さらに、ユーモアやウィットを交えることで、読みやすい文章になります。

エッセイや随筆は、自分の内面を深く見つめ直す良い機会です。

自分の経験や考えを通じて、読み手に共感してもらえるような文章を書いてみてくださいね。

このように、エッセイや随筆を書くことで、自分自身の成長を感じることができます。

4. 児童文学

児童文学は、特に小学生や中学生におすすめのジャンルです。

分かりやすい言葉で書かれているため、読書が苦手な子どもでも楽しんで読むことができます。

また、感動的なストーリーや教訓が含まれていることが多く、感想を書きやすいですよ。

児童文学を通して、子どもたちは想像力や感受性を養うことができるのも大きな魅力ですね。

感動的なストーリーが多い

児童文学の多くは、感動的なストーリーを持っています。

例えば、森絵都の『カラフル』は、死んだ少年がもう一度人生をやり直すという感動的な物語です。

このような物語は、読者に深い印象を与え、心に残る感想文を書きやすくしますね。

感動的なシーンや登場人物の心情を詳しく描写することで、感情豊かな感想文を作成することができます。

特に、自分の経験や感じたことと比較しながら書くと、より深みのある文章になりますよ。

感動的なストーリーは、読者の心を動かし、より豊かな読書体験を提供してくれます。

教訓が含まれていることが多い

児童文学は、ただの娯楽だけでなく、教育的な要素も多く含まれています。

例えば、C.S.ルイスの『ナルニア国物語』シリーズは、善と悪、勇気と友情といったテーマを通じて、子どもたちに大切な教訓を伝えています。

こうした教訓は、子どもたちが感想文を書く際の大きな材料となります。

教訓をどう感じたか、自分の生活にどう役立てるか、といった視点で書くと、深い内容の感想文になりますよ。

また、教訓を自分なりに解釈して書くことで、独自性のある感想文を作成することができます。

このように、児童文学を通して得た教訓は、子どもたちの成長に大きく寄与しますね。

分かりやすい言葉で書かれている

児童文学は、子どもたちが理解しやすいように、簡単で分かりやすい言葉で書かれています。

例えば、ルース・スタイルス・ガネットの『エルマーの冒険』は、シンプルな言葉で描かれた冒険物語です。

このような本は、読書が苦手な子どもでも楽しく読むことができます。

また、分かりやすい言葉で書かれているため、感想文を書く際にも言葉に困ることが少なく、スムーズに進めることができますね。

児童文学のシンプルな言葉遣いは、子どもたちの読書への抵抗感を減らし、読書習慣を身につける助けとなります。

さらに、分かりやすい言葉で書かれた物語は、読者の想像力を刺激し、豊かな感受性を育むのに最適です。

共感しやすいキャラクターが登場する

児童文学には、子どもたちが共感しやすいキャラクターが多く登場します。

例えば、J.K.ローリングの『ハリー・ポッター』シリーズの主人公、ハリー・ポッターは、魔法の世界での冒険を通じて成長する少年です。

このようなキャラクターは、読者自身の経験や感情と重ね合わせやすく、感想文を書く際の大きな助けとなります。

共感しやすいキャラクターについて書くことで、感想文に個人的な視点や感情を取り入れることができ、読み手に強い印象を与えることができますね。

さらに、キャラクターの成長や変化を追うことで、物語の深い理解につながり、より充実した感想文を書くことができます。

共感できるキャラクターが登場する物語は、子どもたちにとって読書の楽しさをより一層感じさせてくれます。

多様なテーマが扱われている

児童文学は、多様なテーマを扱っており、子どもたちの興味を引くことができます。

例えば、エンデの『モモ』は、時間の価値について考えさせられる作品です。

こうした多様なテーマは、子どもたちに新しい視点や考え方を提供し、感想文を書く際の題材として非常に有用です。

テーマに基づいて自分の意見や感想を書くことで、感想文に深みと広がりを持たせることができますね。

多様なテーマを持つ児童文学は、読者にとって新しい発見や学びをもたらし、読書体験を豊かにします。

また、さまざまなテーマを通じて自分自身を見つめ直す機会を提供し、自己成長のきっかけとなることもありますよ。

5. 自伝・伝記

自伝や伝記は、著名人の人生や経験に触れることができ、自分自身の人生と比較しながら感想を書くことができます。特に、憧れの人物や尊敬する人物の自伝を読むことで、自分の目標や夢に対する考え方が深まりますよ。

自伝や伝記を読むことで、その人物がどのような環境で育ち、どのような困難を乗り越えて成功を収めたのかを学ぶことができます。これにより、自分自身の目標設定や人生の選択に役立つ教訓を得ることができますね。

また、自伝や伝記は、その人物の思考や価値観を深く知ることができるため、感想文を書く際に具体的なエピソードや自分の考えと結びつけて書くことができます。このような具体的な内容は、感想文の評価を高めるポイントとなりますよ。

さらに、歴史的な背景や社会的な出来事を学ぶこともできるため、広い視野を持つことができます。例えば、歴史的な偉人の伝記を読むことで、その時代の文化や社会問題についての理解が深まりますね。

最後に、自伝や伝記は読み物としても非常に魅力的です。ドラマチックな人生や感動的なエピソードが多く含まれているため、読書自体が楽しくなります。楽しみながら学べるという点で、自伝や伝記は読書感想文に最適なジャンルです。

有名人の自伝

有名人の自伝は、その人の成功の秘訣や人生哲学を学ぶ絶好の機会です。例えば、ビジネス界の巨匠であるウォーレン・バフェットの自伝『ウォーレン・バフェット』では、投資の神様と呼ばれる彼の生き方や投資哲学を学ぶことができます。

ウォーレン・バフェットは、単なる投資家ではなく、彼の生き方や価値観は多くの人々に影響を与えています。そのため、彼の自伝を読むことで、単なる経済的成功だけでなく、人生の豊かさについても考えるきっかけになりますよ。

また、スティーブ・ジョブズの自伝『スティーブ・ジョブズ』も非常に人気があります。ジョブズの創造性や革新的なアイデアの背景には、どのような経験や思考があったのかを知ることができ、感想文にも書きやすいです。

自伝は、ただ成功した話だけでなく、挫折や失敗から学んだ教訓も多く含まれています。これらのエピソードを感想文に取り入れることで、深みのある内容になりますね。

さらに、自伝はその人物の内面にも触れることができます。彼らがどのように困難を乗り越え、どのような価値観を持っていたのかを知ることで、自分自身の成長にも繋がります。

以上のように、有名人の自伝は読書感想文に非常に適しており、具体的なエピソードや学びを取り入れることで、魅力的な感想文を書くことができます。

歴史的偉人の伝記

歴史的偉人の伝記は、その時代背景や社会的な影響力を学ぶことができるため、読書感想文に非常に適しています。例えば、ネルソン・マンデラの伝記『ネルソン・マンデラ』を読むことで、彼の生涯を通じてアパルトヘイトと戦った壮絶な経験を知ることができます。

ネルソン・マンデラの伝記を読むことで、彼の強い信念とリーダーシップ、そして人種差別に対する闘いについて深く理解することができます。これにより、自分自身の人生においても困難に立ち向かう勇気を得ることができますね。

また、歴史的な背景を知ることで、その時代の社会問題や文化についても学ぶことができます。例えば、マンデラの時代の南アフリカの状況や国際社会の反応についても詳しく知ることができます。

さらに、歴史的偉人の伝記は、その人の生き様を通じて、人間の持つ力強さや優しさ、そして人間性の深さを学ぶことができます。これらの要素を感想文に取り入れることで、感動的な内容になります。

また、偉人の伝記は多くの人に共感されるため、感想文を書く際に読者にも共感を得やすいです。自分自身の考えや感じたことを具体的に書くことで、より説得力のある感想文が書けますよ。

このように、歴史的偉人の伝記は読書感想文の題材として非常に優れており、深い学びと感動を提供してくれます。

自己啓発書としての自伝

自己啓発書としての自伝も、読書感想文の題材に適しています。例えば、ナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』は、多くのビジネスパーソンや成功者に影響を与えた名著です。

この本を読むことで、ポジティブな思考や目標設定の重要性について学ぶことができます。自分自身の経験や考え方と比較しながら感想文を書くことで、具体的で説得力のある内容になりますよ。

また、自己啓発書は具体的な方法論が多く含まれているため、実生活に取り入れやすいです。感想文を書く際には、自分が実際にどのようにその教えを活用したいかを書くと良いですね。

さらに、自己啓発書の自伝は、その人物の成功の秘訣を具体的に知ることができるため、非常に参考になります。成功者の思考法や行動を学ぶことで、自分自身の成長に繋げることができます。

自己啓発書としての自伝は、読書感想文を書くことで自分自身の目標や夢を再確認する良い機会となります。また、読んだ後の自分の変化や感じたことを具体的に書くことで、より深い感想文が完成します。

このように、自己啓発書としての自伝も読書感想文の題材として非常に有効であり、自分自身の成長に役立つ内容が多く含まれています。

読書感想文を簡単に書く為の読み方

オープンカフェ 読書

読書感想文を書くのは少し難しいと思うかもしれませんが、実はちょっとしたコツを知っているととても簡単に書けるんですよ。

まずは、読書の仕方について考えてみましょう。

本をただ読むだけではなく、感想文を書くためのポイントを押さえて読むことが大切です。

これから紹介する方法を実践すれば、読書感想文を書くのがもっと楽になりますよ。

1. 目的を持って読む

読書感想文を書くためには、まず本を読む目的を明確にしましょう。

その本を選んだ理由や、自分がその本から何を学びたいのかを考えると、読む際の意識が変わります。

例えば、「登場人物の心情を深く理解したい」や「物語のテーマを見つけたい」など、具体的な目的を持つと良いですよ。

目的が明確になると、重要なシーンやセリフに自然と目が行きやすくなりますね。

また、目的を持って読むことで、感想文を書くときに具体的な内容を書きやすくなります。

2. メモを取りながら読む

読書中に気になるシーンや印象に残ったセリフがあれば、必ずメモを取りましょう。

特に感動した場面や心に響いた言葉は、そのまま感想文に書きやすい材料になりますよ。

メモを取ることで、本を読み終わった後に内容を振り返りやすくなります。

また、メモを取ることで、自分の考えや感じたことを整理することができるので、感想文を書くときに困りませんね。

ふせんを使ってページをマーキングしておくのもおすすめです。

3. 章ごとにまとめる

本を一気に読むのではなく、章ごとに区切って読むと内容が整理しやすくなります。

各章ごとに、登場人物の行動や心情、物語の展開などを簡単にまとめておくと良いですよ。

章ごとにまとめることで、全体の流れが把握しやすくなり、感想文の構成も作りやすくなります。

また、各章で特に印象に残った部分や自分の感じたことをメモしておくと、感想文に具体性が出ます。

章ごとのまとめを活用することで、感想文を書く時間も短縮できますね。

読書感想文の書き方の具体的なコツ

カフェ 読書

読書感想文を書くのが初めての方や、毎年苦労している方向けに、スムーズに書くための具体的なコツをご紹介します。読書感想文の目的は、読書の楽しさを知ることと、考える力を養うことです。

1. 本を選ぶ

– 自分が興味を持つ本を選ぶ
– 短編小説や好きなジャンルの本、既読の本、読みたかった本などがおすすめ
– 著者の情報やあらすじを事前に調べる
– 内容やテーマが自分の興味に合っているか確認する

2. 構想メモを作る

本を読みながら以下の情報をメモする:
・本の概要(選んだ理由、あらすじ、登場人物)
・感動した部分(印象に残った場面、セリフ、出来事)
・読後の感想(感じたこと、考えの変化)
メモを活用することで、感想文作成時の時間節約と内容の整理ができる

難しく考えず、以下のような簡単なメモを取ってみましょう:

好きなキャラクター:例「ドラえもん」の中で、のび太が好き
面白かった場面:例「はらぺこあおむし」で、おなかを壊すシーン
心に残った言葉:例「頑張れば、きっと夢は叶う!」

スマートフォンのメモアプリを使うと、簡単にメモが取れますよ。

3. 感想文の構成を考える

基本構成:

  • はじめ(20%):本のあらすじ、選んだ理由
  • なか(60%):感動した部分、印象に残った場面の詳細
  • まとめ(20%):読んで感じたこと、考えたこと

段落ごとに内容を分け、具体的なエピソードや自分の考えを盛り込む

 

難しく考えず、以下の3つの部分に分けて書いてみましょう:

はじめ:本の紹介(2〜3行)
例:「今回読んだ本は『ドラえもん』です。主人公ののび太くんが、未来からやってきたロボット・ドラえもんと一緒に冒険する物語です。」

なか:好きな場面や印象に残ったこと(5〜6行)
例:「特に面白かったのは、ドラえもんがポケットから不思議な道具を出すシーンです。『どこでもドア』を使って、世界中どこにでも行けるなんてすごいと思いました。」

まとめ:全体の感想(2〜3行)
例:「この本を読んで、友達の大切さを学びました。ドラえもんとのび太の友情に、とても心が温まりました。」

4. 書き出しを工夫する

読者の興味を引く工夫:

  • 質問形式で始める
  • 印象的なエピソードから始める
  • 個人的な経験と本の内容を結びつける

オリジナリティのある感想文を目指す

 

難しい言葉は使わなくていいんです。普段使っている言葉で書き始めてみましょう。
例:

「この本を読んで、すごく〇〇だなと思いました。」
「主人公の○○くんは、私と同じ年齢で親近感が湧きました。」
「もし私が主人公だったら、きっと○○したと思います。」

自分の言葉で素直に書くことが大切です。

5. 本文を書く

感想を具体的に書く:

  • 「面白かった」「感動した」だけでなく、理由を添える
  • 自分の経験や他の本との比較を交える
  • 印象に残ったシーンや登場人物について詳しく述べる
  • 登場人物と自分を比較し、自分の視点で考える

本の内容と自分の経験を結びつけると、感想が書きやすくなります。
例:

「主人公が友達と喧嘩するシーンがありました。私も先週、親友と喧嘩してしまって…」
「主人公が頑張って試験に合格するシーンを読んで、私も今度の漢字テストを頑張ろうと思いました。」

自分の生活と照らし合わせて考えてみると、感想がどんどん浮かんできますよ。

6. 読後に振り返る

– 読書中のメモやまとめを見返す
– 感じたことや学んだことを整理する
– 印象に残ったシーン、物語のテーマ、考え方の変化を中心に振り返る
– 感想文の結論部分をまとめる

この構成を意識し、各ステップを丁寧に進めることで、わかりやすく充実した読書感想文が書けるようになります。自分なりの工夫を加えながら、楽しんで取り組んでみてください。

最初は短い文章でOK。書いた後で読み返して、少しずつ内容を足していきましょう。
例:
最初の文:「この本は面白かったです。」

追加した文:「この本は面白かったです。特に主人公が困難を乗り越えるシーンに感動しました。」

さらに追加:「この本は面白かったです。特に主人公が困難を乗り越えるシーンに感動しました。私も最近、苦手な科目の勉強で悩んでいたので、主人公の頑張りに勇気をもらいました。」
このように、少しずつ内容を膨らませていけば、自然と感想文が完成します。

読書感想文は、正解のない自由な文章です。自分の言葉で素直に書くことが一番大切。この方法を参考に、ゆっくり楽しみながら取り組んでみてくださいね。書くのが楽しくなってきたら、少しずつ長い本にも挑戦してみましょう!

まとめ

読書感想文を書く際にどんな本を選ぶかは非常に重要です。

小説、ビジネス書、エッセイ、児童文学、自伝など、それぞれのジャンルには感想を書きやすい特徴があります。

自分に合ったジャンルの本を選び、感想文を書くことで、より充実した読書体験ができるでしょう。

青空文庫の人気作品10選:読書感想文にもおすすめ【夏休みの宿題】
青空文庫は、日本の著名な文学作品を無料で提供する素晴らしいリソースですよ。 多くの人々がアクセスしている人気作品を紹介しますね。 この記事では、2021年と2022年の7月と8月のアクセスランキングを基に、読者に愛されている作品を詳しく見て...続きを読んで☆

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました