PR
スポンサーリンク
You can translate this page here.

ドグラ・マグラのあらすじ ネタバレ解説:読むと気が狂う噂は本当か?

この記事は約22分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

夢野久作の『ドグラ・マグラ』は、日本三大奇書の一つとして広く知られる作品です。

その複雑で難解な構成から、多くの読者に挑戦を与え続けています。

本記事では、この名作のあらすじとネタバレ、そしてその独特の世界観を解説しますよ。

ドグラ・マグラは長編作品となっていますので読了するのも大変です。このあらすじを参考にして読んだ気になっていただければ幸いです。

「私は日本三大奇書を読了したぞ!」と自慢してください(笑)

 

日本三大奇書とは?なぜ奇書と言われるのか?徹底解説
日本文学の中でも、特に異彩を放つ「日本三大奇書」。 これらの作品は、その独特な内容と構成で、多くの読者に驚きと感動を与え続けています。 では、なぜこれらの書籍が「奇書」と呼ばれるのでしょうか? この記事では、その理由と魅力について詳しく解説...続きを読んで☆
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドグラ・マグラと夢野久作

螺旋 階段 繰り返し ループ

wendy CORNIQUETによるPixabayからの画像

『ドグラ・マグラ』は、日本の文学史において特異な存在です。

夢野久作によって書かれたこの作品は、その難解さと独創性から「日本三大奇書」の一つに数えられています。

本作は、精神病院を舞台にしたミステリー小説であり、読者に深い印象を残す多層的なストーリーを展開しています。

この記事では、夢野久作と『ドグラ・マグラ』の関係について詳しく見ていきますね。

夢野久作の背景

夢野久作は、本名を杉山直樹といい、明治時代に福岡で生まれました。

彼の父親は新聞社を経営しており、久作もジャーナリストとしての経験を積んでいました。

その後、彼は小説家としての道を歩み始め、多くの短編小説や長編小説を発表しました。

夢野久作の作品は、シュールリアリズムや精神分析の影響を強く受けており、『ドグラ・マグラ』もその一例です。

彼の作品は、その独特な文体と異常心理への洞察力が特徴で、多くの読者を魅了し続けています。

『ドグラ・マグラ』の成立

『ドグラ・マグラ』は、夢野久作の代表作であり、その執筆には数年を要しました。

この作品は、彼が精神病院での体験や研究をもとに執筆されたと言われています。

物語は、記憶を失った主人公が、自分の過去を探る中で、次々と謎に満ちた事件に巻き込まれていくというものです。

この過程で、夢野久作は人間の深層心理や狂気の本質を鋭く描き出しています。

作品の中には、当時の精神医学や心理学の知見が多く取り入れられており、その点でも注目されています。

『ドグラ・マグラ』の構成とテーマ

『ドグラ・マグラ』は、その独特な構成とテーマが特徴です。

物語は複数の視点から語られ、時系列も頻繁に入れ替わります。

この手法によって、読者は物語の全体像を把握することが難しく、作品に対する解釈が多様化しています。

テーマとしては、精神病と正常の境界、人間の記憶とアイデンティティ、そして狂気と理性の対立が挙げられます。

これらのテーマは、夢野久作自身の人生経験や研究に基づいており、彼の深い洞察力を感じさせます。

夢野久作と精神分析

夢野久作は、フロイトやユングなどの精神分析の影響を強く受けていました。

彼の作品には、無意識の探求や夢の分析といった要素が頻繁に登場します。

『ドグラ・マグラ』も例外ではなく、物語の中で主人公が体験する奇妙な出来事や幻覚は、精神分析の視点から解釈することができます。

特に、物語の中で繰り返される「ブーン」という音は、夢と現実の境界を曖昧にする象徴として重要です。

このように、夢野久作は精神分析を文学に取り入れることで、独自の世界観を築き上げました。

『ドグラ・マグラ』の影響と評価

『ドグラ・マグラ』は、その難解さゆえに初めはあまり評価されませんでしたが、戦後に再評価が進みました。

現代では、多くの文学者や読者に影響を与え続けています。

その独創的な構成と深いテーマは、多くの研究者によって分析され、多くの論文が発表されています。

また、映画や舞台など、様々なメディアでの再解釈も行われています。

夢野久作の『ドグラ・マグラ』は、今もなお、多くの読者に新たな発見をもたらす作品です。

その魅力は、時代を超えて愛され続けることでしょう。

 

「ドグラ・マグラ」読みたくなったらこちら!

○楽天市場

ドグラ・マグラ(上) (角川文庫) [ 夢野 久作 ]

ドグラ・マグラ(下) (角川文庫) [ 夢野 久作 ]

○青空文庫(無料)

夢野久作 ドグラ・マグラ

 

導入部:物語の始まり

『ドグラ・マグラ』は、夢野久作の代表作であり、日本文学の中でも特異な存在として知られています。

物語は、主人公が「ブーン」という時計の音で目覚める場面から始まります。

目を開けると、そこは精神病棟の隔離部屋。

主人公は記憶喪失の状態で、自分が誰であるか、なぜここにいるのか全くわかりません。

記憶喪失の主人公

しばらくして現れた正木博士から、主人公は「精神異常を利用した犯罪」に巻き込まれたことを聞かされます。

正木博士は、主人公が記憶を取り戻す手助けをすると約束し、彼に様々な資料を見せ始めます。

その資料の中には、新聞記事や論文、遺言書などが含まれており、主人公はそれらを読み進めるうちに少しずつ記憶を取り戻していきます。

しかし、その過程で次々と不可解な事件が明らかになり、物語は複雑さを増していきます。

この時点で、主人公が呉一郎という青年であることが示唆されますが、一部の読者は彼が呉一郎と婚約者モヨ子の子である胎児かもしれないと考えることもあります。

物語の構造は非常に独特で、最後のページが最初のページに繋がるというループ構造が施されており、読者は無限ループの中で迷い込むような感覚を味わいます。

正木博士の登場

正木博士は、物語の中で重要な役割を果たします。

彼は主人公に対して、自分が記憶を取り戻す手助けをするだけでなく、彼自身の奇妙な仮説や研究結果を共有します。

正木博士の主張によれば、精神病は脳の異常ではなく、細胞レベルでの問題であるというものです。

彼の説は「脳髄は物を考える処に非ず」というもので、これが物語全体に影響を与える重要なテーマとなっています。

この仮説が示す通り、人間の行動や意志は脳ではなく細胞に由来するという考えは、物語の進行とともに様々な形で表現されます。

不可解な事件の連続

物語が進むにつれて、主人公の周囲で次々と不可解な事件が起こります。

これらの事件は、正木博士の研究と深く関わっており、主人公はその謎を解き明かすために奮闘します。

例えば、ある日主人公は、自分が精神病棟に閉じ込められている理由が、過去に犯したとされる犯罪に関係していることを知ります。

しかし、その犯罪の詳細や動機については全く記憶がなく、主人公は混乱と不安の中で真実を追求し続けます。

また、物語の中で登場する資料や証拠の数々も、主人公の記憶と現実の境界を曖昧にし、読者にさらなる謎を投げかけます。

物語のループ構造

『ドグラ・マグラ』の特徴の一つとして、物語のループ構造が挙げられます。

最後のページが最初のページに繋がるという仕掛けにより、読者は物語の終わりと始まりが連続していることを感じます。

この構造は、主人公の混乱した精神状態や物語のテーマである「狂気」と密接に関連しています。

ループ構造によって、読者は何度も同じ場面に戻ることで、物語の複雑さと深さをより一層感じることができます。

さらに、物語の中で提示される様々な仮説や謎が、このループ構造によって強調され、読者に多くの考察の余地を与えます。

以上が『ドグラ・マグラ』の導入部の解説です。

物語の始まりから、主人公の記憶喪失、正木博士の登場、そして不可解な事件の連続とループ構造が織り成す世界を楽しんでくださいね。

 

「ドグラ・マグラ」読みたくなったらこちら!

○楽天市場

ドグラ・マグラ(上) (角川文庫) [ 夢野 久作 ]

ドグラ・マグラ(下) (角川文庫) [ 夢野 久作 ]

○青空文庫(無料)

夢野久作 ドグラ・マグラ

 

登場人物とその背景

『ドグラ・マグラ』には多くの独特な登場人物が登場します。例えば、呉一郎の名前は大正期の精神科医「呉秀三」から取られています。また、斎藤寿八という名前は歌人であり精神科医の「斎藤茂吉」からとられたものです。正木博士は「正気」から、若林は「ばかばかしい」から採用されたという説もあります。

これらの名前の由来は、物語のテーマである「狂気」と深く関わっています。さらに、登場人物の行動や背景が、物語の複雑さと魅力を一層引き立てています。

呉一郎の正体

呉一郎は物語の中心人物であり、彼の背景が物語全体に大きな影響を与えています。

母親を絞殺し、その後婚約者のモヨ子をも殺したとされていますが、犯行時の記憶を持っていないため、これらの行動の真相が物語の大きな謎となっています。

この無意識の犯行を「夢中遊行」と呼び、呉家に代々伝わる奇妙な絵巻物がその引き金となっています。

絵巻物の発端は、唐の時代の絵師・呉青秀にまで遡り、その呪われた血筋が現代にまで続いているという設定です。

呉青秀は天子の乱心を正すために自らの妻を絞殺し、その腐敗する様子を絵巻物に描きました。これが呉家の男たちに代々伝わり、狂気を引き起こしているのです。

このような背景が呉一郎の行動や心理状態を説明する重要な要素となっています。

正木博士の役割

正木博士は物語の重要な鍵を握る人物であり、彼の思想や行動が物語の展開に大きな影響を与えています。

彼は「脳髄論」を唱え、人間の意志や行動は脳ではなく細胞に由来すると主張します。この仮説が物語全体に影響を与え、読者の思考を揺さぶります。

正木博士は、精神病患者を解放し治療することを目指して「狂人の一大解放治療場」を設け、そこで呉一郎を治療していました。

彼の演説「チャカポコ」は、精神病者の解放と治療を訴えるもので、物語のテーマである「狂気」と密接に関連しています。

正木博士の思想や行動が、物語の複雑さと魅力を一層引き立てています。

彼の背景や思想を理解することで、『ドグラ・マグラ』の物語全体をより深く理解することができます。

斎藤寿八と若林の役割

斎藤寿八は、歌人であり精神科医の斎藤茂吉からとられた名前であり、物語の中で重要な役割を果たしています。

彼の背景や行動が、物語のテーマである「狂気」と深く関わっています。

若林は、「ばかばかしい」からとられた名前であり、その名前の由来が物語の独特な雰囲気を一層引き立てています。

斎藤寿八と若林の行動や背景が、物語の複雑さと魅力を一層引き立てています。

これらのキャラクターの背景を理解することで、物語全体の理解が深まります。

彼らの役割や行動が、物語の展開にどのように影響を与えているのかを詳しく見ていきましょう。

斎藤寿八と若林の役割

斎藤寿八は、歌人であり精神科医の斎藤茂吉からとられた名前であり、物語の中で重要な役割を果たしています。

彼の背景や行動が、物語のテーマである「狂気」と深く関わっています。斎藤寿八は、物語の中で精神病に対する理解や治療の観点から重要な位置づけをされています。

彼のキャラクターは、精神病の患者をどう扱うか、そしてその治療方法についての議論を引き起こします。この議論は、物語の核心に触れるものであり、読者に深い考察を促します。

一方、若林は「ばかばかしい」からとられた名前で、その由来が物語のユーモアや風刺の要素を一層引き立てています。

若林のキャラクターは、物語の中で軽妙な役割を果たし、読者に笑いを提供しながらも、狂気のテーマを鋭く浮き彫りにします。

彼らの行動や背景が、物語の複雑さと魅力を一層引き立てています。これらのキャラクターの背景を理解することで、物語全体の理解が深まります。

アンポンタン・ポカン博士

アンポンタン・ポカン博士という名前は、物語の風刺的な要素を強調しています。彼のキャラクターは、夢野久作自身のペンネームに由来しているとされています。

彼の役割は、物語の中で精神病に対する風刺的な視点を提供し、読者に精神病の治療や理解について考えさせます。

アンポンタン・ポカン博士の行動や発言は、一見すると滑稽ですが、その裏には深い洞察が隠されています。

彼のキャラクターは、物語の軽妙さを保ちながらも、重要なテーマを鋭く伝える役割を果たしています。彼の背景や行動を理解することで、物語全体のテーマがより明確になります。

アンポンタン・ポカン博士の存在が、物語に独特のリズムとユーモアを与えています。これにより、『ドグラ・マグラ』は単なる狂気の物語ではなく、深い哲学的な考察を含んだ作品となっています。

彼のキャラクターを通じて、物語のテーマである「狂気」と「治療」の対比が鮮やかに描かれています。

登場人物の名前と物語の関連性

『ドグラ・マグラ』に登場する人物の名前は、物語のテーマや登場人物の性格を反映しています。名前の由来が、キャラクターの行動や心理状態を理解する手がかりとなります。

例えば、呉一郎の名前が精神科医の呉秀三からとられていることは、彼の精神状態や行動に深い意味を持たせています。

斎藤寿八の名前が斎藤茂吉からとられていることは、彼の精神病に対する理解や治療の視点を示唆しています。

正木博士の名前が「正気」からとられていることは、彼の理性的な視点と狂気との対比を強調しています。

若林の名前が「ばかばかしい」からとられていることは、物語のユーモアや風刺の要素を強調しています。これにより、物語全体のテーマがより一層鮮やかに浮かび上がります。

登場人物の名前とその背景を理解することで、物語全体の理解が深まり、読者は『ドグラ・マグラ』の複雑で魅力的な世界により深く没入することができます。

 

「ドグラ・マグラ」読みたくなったらこちら!

○楽天市場

ドグラ・マグラ(上) (角川文庫) [ 夢野 久作 ]

ドグラ・マグラ(下) (角川文庫) [ 夢野 久作 ]

○青空文庫(無料)

夢野久作 ドグラ・マグラ

 

テーマと思想:脳髄論と精神病

『ドグラ・マグラ』の中心テーマの一つは「脳髄論」です。正木博士は「脳髄は物を考える処に非ず」という仮説を唱えています。彼は、人間の意志や行動は脳ではなく、細胞に由来すると主張しているのです。この仮説が物語全体に影響を与え、読者の思考を揺さぶりますね。

物語の中で、主人公が「ブウウ…」という時計の音を聞く場面があります。この音は作品の冒頭と終盤に繰り返されるのですが、この繰り返しが物語がループ構造を持つことを示唆しています。青年の終わりと始まりが連続していることを象徴しているのです。

さらに、正木博士の仮説は、物語の根底に流れる「精神病とは何か?」という問いに対する答えを探るものでもあります。彼の理論は従来の医学的見解とは大きく異なり、読者に深い思索を促しますね。

次に、この「脳髄論」が具体的にどのように物語に影響を与えているのか、小見出しで掘り下げて解説していきますね。

脳髄論の基本概念

正木博士の「脳髄論」は、脳は考えるための器官ではないという仮説です。彼は、脳は単なる「電話交換機」のようなものであり、実際に考えるのは細胞であると主張します。これは当時の医学界において非常に革新的な見解でした。

この仮説は、精神病を単なる脳の機能不全として捉えるのではなく、もっと根本的なレベル、すなわち細胞の問題として捉えています。細胞には何億年もの進化の過程で蓄積された情報が含まれており、その情報が時折現れることで、精神病が発症するというのです。

例えば、恐竜時代の凶暴な性質が現代の人間に現れることがあるという考え方です。これは、精神病が単なる脳の異常ではなく、人間の進化の過程に深く根ざした現象であることを示唆しています。

このような見解は、現代の遺伝学や神経科学の視点からも興味深いですね。人間の行動や思考がどのように形成されるのかについて、より深い理解を提供してくれます。

脳髄論と物語のループ構造

『ドグラ・マグラ』の物語は、ループ構造を持っています。冒頭で聞かれる「ブウウ…」という時計の音は、物語の終盤でも再び聞かれます。この音が繰り返されることで、物語が一つの円環を描いていることが示唆されます。

このループ構造は、脳髄論と深く関連しています。脳が単なる交換機であり、考えるのは細胞であるという仮説は、物語の進行にも影響を与えています。主人公が記憶を取り戻そうとする過程で、何度も同じ状況や出来事が繰り返されるのです。

これは、物語がループしているだけでなく、読者自身の思考もループしているかのような錯覚を引き起こします。つまり、読者もまた、物語の中で迷い込んでしまうのです。

このような構造は、物語の魅力を一層高めています。読者は物語の結末を求めて読み進めるうちに、何度も同じ場所に戻ってしまう。この繰り返しが、物語の神秘性を強調していますね。

精神病の新しい視点

正木博士の脳髄論は、精神病に対する新しい視点を提供しています。従来の精神病は、脳の異常として理解されていましたが、博士の仮説はそれを覆します。

彼の理論によれば、精神病は細胞レベルでの問題であり、脳自体は単なる交換機に過ぎないのです。この考え方は、精神病がもっと根本的で、遺伝や進化の過程に深く根ざした現象であることを示唆しています。

この視点は、精神病に対する理解を深めるだけでなく、治療法の開発にも新しい方向性を提供します。細胞レベルでの治療が可能であれば、従来の治療法とは異なるアプローチが求められるかもしれませんね。

また、正木博士の理論は、精神病患者に対する社会的な見方にも影響を与えます。彼の仮説は、精神病が誰にでも起こり得るものであり、特定の個人だけの問題ではないことを強調しています。

このような考え方は、精神病に対する偏見を減少させ、より包括的な理解を促進することが期待されます。

脳髄論の現代的な意義

正木博士の脳髄論は、現代の科学や医学においても重要な意義を持っています。彼の仮説は、脳の役割や人間の思考のメカニズムについて新しい視点を提供しています。

現代の神経科学や遺伝学の研究が進む中で、正木博士の理論が再評価される可能性もあります。細胞レベルでの情報伝達や進化の過程で蓄積された情報が、どのように人間の行動に影響を与えるかについての研究は、非常に興味深い分野です。

さらに、脳髄論は、人間の行動や思考の多様性を理解する上でも重要です。人間の行動は単なる脳の機能ではなく、細胞レベルでの複雑なメカニズムによって支えられていることを示しています。

このような視点は、精神病に対する理解を深めるだけでなく、人間の多様性を尊重する姿勢を育むことにもつながりますね。

脳髄論と人間の本質

最後に、正木博士の脳髄論は、人間の本質についても深い洞察を与えています。彼の理論は、精神病が人間の本質に深く根ざした現象であることを示唆しています。

これは、人間の行動や思考が単なる生物学的なプロセスではなく、もっと深いレベルでの理解が必要であることを示しています。正木博士の理論は、読者に対して人間の本質についての深い思索を促します。

また、物語のループ構造や脳髄論の概念は、人間の存在の不確定性や複雑さを強調しています。このような視点は、読者に対して人間の本質についての新しい理解を提供します。

『ドグラ・マグラ』を通して、私たちは人間の本質についての深い洞察を得ることができます。この物語は、単なるフィクションではなく、私たち自身の存在についての問いを投げかける作品なのです。

 

「ドグラ・マグラ」読みたくなったらこちら!

○楽天市場

ドグラ・マグラ(上) (角川文庫) [ 夢野 久作 ]

ドグラ・マグラ(下) (角川文庫) [ 夢野 久作 ]

○青空文庫(無料)

夢野久作 ドグラ・マグラ

 

結末とその解釈

『ドグラ・マグラ』の結末は非常に示唆に富んでいます。物語の終盤で明かされる事実や、登場人物の行動の真相が、読者に多くの解釈の余地を与えます。物語全体がループ構造であることから、一読では理解しきれない部分が多くあります。

この作品の最大の魅力は、その難解さにあります。読み進めるうちに、読者自身の内面と向き合うことを余儀なくされます。『ドグラ・マグラ』を読み解くことは、自分自身を読み解くことにもつながります。

ループ構造の解釈

『ドグラ・マグラ』の結末は、物語が最初のページに戻るループ構造になっています。この構造は、時間や出来事が繰り返されることを示唆しています。

主人公が目覚めた瞬間から物語が始まり、最終的に同じ瞬間に戻ることで、読者は無限のループに囚われた感覚を味わいます。

このループ構造は、現実と幻想の境界を曖昧にし、読者に深い考察を促します。何度も読み返すことで新たな発見があり、異なる解釈が生まれる点が『ドグラ・マグラ』の魅力です。

また、ループ構造は作品全体のテーマである「狂気」や「無限」を象徴しています。登場人物たちが狂気に囚われ続ける様子が、この構造を通じて表現されています。

ループは終わりのない探求を意味し、読者自身も物語の迷宮に迷い込むことになります。この経験を通じて、読者は自己の内面と向き合い、深い自己探求に誘われるのです。

結末のループは、一見解決のない物語に思えますが、実際には読者に新たな視点と解釈の余地を提供するための工夫です。

結末に隠された謎

物語の結末では、多くの謎が解決されずに残されています。例えば、主人公の真の正体や、彼が犯したとされる犯罪の動機などです。

これらの謎が明確に解決されないことで、読者は自身の想像力を駆使して物語を解釈する必要があります。これにより、『ドグラ・マグラ』は読者にとって非常にパーソナルな作品となります。

謎が解決されないことで、物語は一つの答えに縛られず、様々な視点からの解釈が可能となります。これは、作者夢野久作の意図的な演出とも言えるでしょう。

結末の曖昧さは、現実と幻想の境界を曖昧にし、物語の持つ多層的な意味を強調します。これにより、物語の世界観がさらに深まります。

このようにして、『ドグラ・マグラ』は読者に対して終わりのない思索を促し、再読の価値を高めています。

結末の謎を解き明かすために、読者は物語全体を何度も読み返し、新たな発見を楽しむことができるのです。

読者の視点による解釈の違い

『ドグラ・マグラ』の結末は、読者の視点や背景によって解釈が大きく異なります。これは作品の多様性と深さを象徴しています。

例えば、ある読者は物語を「精神病のメタファー」として捉え、主人公の体験を心理的な視点から解釈するでしょう。他の読者は、物語を「SFやホラー」として楽しみ、その要素を中心に読み進めるかもしれません。

このように、読者ごとに異なる解釈が生まれることは、『ドグラ・マグラ』の魅力の一つです。読者自身の経験や知識が、物語の理解に大きく影響します。

また、物語の複雑な構造が、読者に新たな発見をもたらし続けます。何度読んでも新しい視点や解釈が生まれるため、再読の価値が非常に高い作品です。

このような多層的な解釈が可能な点で、『ドグラ・マグラ』は他の作品にはない独自の魅力を持っています。読者は自分自身の視点から物語を再構築し、新たな理解を深めることができます。

結末の解釈が多様であることは、作品の持つ普遍的なテーマとも関連しています。人間の内面や狂気、現実と幻想の境界など、普遍的なテーマが多くの読者に共感を呼び起こします。

自己探求としての『ドグラ・マグラ』

『ドグラ・マグラ』を読み解くことは、自己探求の一環とも言えます。物語を通じて、読者は自分自身の内面と向き合うことを求められます。

物語の中で描かれる狂気や混乱は、現実の世界でも起こり得る事象です。読者は物語を通じて、自分自身の中に潜む狂気や混乱を認識し、それに対処する方法を考えることができます。

また、物語のループ構造が、読者に自己探求の終わりのない旅を暗示しています。何度も同じ場所に戻ることで、新たな視点や理解が生まれるのです。

このようにして、『ドグラ・マグラ』は単なる娯楽作品にとどまらず、読者に深い内省を促す作品となっています。読者は物語を通じて、自分自身の内面を深く掘り下げることができます。

結末が明確に解決されないことが、自己探求の旅をさらに深化させます。読者は自分自身の答えを見つけるために、物語の中で迷い、考え続けるのです。

このような経験を通じて、『ドグラ・マグラ』は読者にとって非常に価値のある作品となっています。自己理解を深め、新たな発見を楽しむために、ぜひこの作品を手に取ってみてくださいね。

 

「ドグラ・マグラ」読みたくなったらこちら!

○楽天市場

ドグラ・マグラ(上) (角川文庫) [ 夢野 久作 ]

ドグラ・マグラ(下) (角川文庫) [ 夢野 久作 ]

○青空文庫(無料)

夢野久作 ドグラ・マグラ

 

「ドグラ・マグラ」を読了すると気が狂うという都市伝説

『ドグラ・マグラ』は、夢野久作の手による日本三大奇書の一つであり、その難解さと独特の世界観から「読了すると気が狂う」といった都市伝説が生まれましたね。

この作品は精神病や人間の本質を深く掘り下げて描かれており、読者に強烈な印象を与えます。

そのため、読み進めていくうちに自分の精神が揺さぶられるような感覚を覚えることも珍しくありません。

ここでは、その都市伝説の背景や作品の特異性について詳しく解説していきますね。

作品の内容とその難解さ

『ドグラ・マグラ』の物語は、主人公が精神病棟で目覚めるシーンから始まります。

主人公は記憶喪失であり、正木博士という人物によって「精神異常を利用した犯罪」に巻き込まれたことを知らされます。

この設定だけでも十分に複雑ですが、物語はさらに謎めいた出来事や奇怪な登場人物によって進行します。

作中には、阿呆陀羅節や新聞記事、論文、遺言書などが挿入されており、これらを読み解くことが求められます。

特に「脳髄は物を考える処に非ず」という正木博士の論文は、読者に対して現実と虚構の境界を曖昧にする効果を持ちます。

このような複雑な構成が、読者に深い混乱をもたらし、「読了すると気が狂う」といった噂を生む原因となっています。

精神病と人間の本質

『ドグラ・マグラ』のテーマの一つは、精神病と人間の本質です。

作中の正木博士は、精神病患者に対して独自の治療法を提案し、「狂人の一大解放治療場」を設けています。

この設定は、当時の精神病に対する社会的な偏見や誤解を浮き彫りにしていますね。

また、物語全体がループ構造を持ち、主人公が自分自身の正体を見つけることができないまま終わることから、人間のアイデンティティや意識の脆弱さが強調されます。

このようなテーマが、読者に対して強い精神的なインパクトを与え、「気が狂う」という都市伝説を助長しているのかもしれません。

特に、「脳髄は物を考える処に非ず」という考え方は、読者の常識を覆し、深い思索に誘いますよ。

読者の心理的影響

『ドグラ・マグラ』を読んだ読者の中には、作品の影響で一時的な精神的不安を感じる人もいます。

この作品は、読む人によって解釈が異なるため、一読しただけでは理解しきれない部分が多いです。

また、物語の展開や登場人物の行動が突拍子もないため、読者の精神状態を揺さぶることがあります。

例えば、母親を絞殺し婚約者をも殺した呉一郎の行動や、夢中遊行という無意識下での犯行などが挙げられます。

これらの要素が、読者に対して「精神に異常をきたす」ような錯覚を引き起こすことがあります。

しかし、実際には精神的な異常を引き起こすことは稀であり、作品の魅力の一部として受け入れることが大切ですね。

都市伝説の真相

「『ドグラ・マグラ』を読了すると気が狂う」という都市伝説は、作品の持つ強烈なインパクトから生まれたものです。

この噂は、作品の難解さや読者に対する心理的影響を誇張したものと考えられます。

実際には、多くの読者が『ドグラ・マグラ』を楽しみ、その独特な世界観に魅了されています。

都市伝説を恐れずに、まずは作品を手に取ってみることが大切ですよ。

『ドグラ・マグラ』を通して、夢野久作が描く不可思議な世界に触れることで、新たな視点や理解を得ることができるでしょう。

この作品は、読者に対して深い洞察と自己探求の機会を提供してくれる名作なのです。

 

「ドグラ・マグラ」読みたくなったらこちら!

○楽天市場

ドグラ・マグラ(上) (角川文庫) [ 夢野 久作 ]

ドグラ・マグラ(下) (角川文庫) [ 夢野 久作 ]

○青空文庫(無料)

夢野久作 ドグラ・マグラ

 

まとめ

『ドグラ・マグラ』は、その独創的な世界観と深いテーマで、多くの読者を魅了し続ける作品です。

難解ではありますが、その分読み応えがあり、読者に多くの考察の機会を与えてくれます。

夢野久作が描き出したこの奇書を通して、人間の内面と向き合い、自分自身をより深く理解するきっかけとなるでしょう。

『ドグラ・マグラ』の世界に飛び込んでみてはいかがでしょうか。

 

日本三大奇書とは?なぜ奇書と言われるのか?徹底解説
日本文学の中でも、特に異彩を放つ「日本三大奇書」。 これらの作品は、その独特な内容と構成で、多くの読者に驚きと感動を与え続けています。 では、なぜこれらの書籍が「奇書」と呼ばれるのでしょうか? この記事では、その理由と魅力について詳しく解説...続きを読んで☆

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました