PR
スポンサーリンク
You can translate this page here.

仙台七夕 オープンバドミントン大会2024

この記事は約8分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

2024年8月3日・4日に開催される「仙台七夕杯 第25回東日本オープンシニアバドミントン大会」は、全国からバドミントン愛好者が集まる大規模な大会です。仙台市バドミントン協会が主催し、様々な年齢カテゴリーでの競技が行われます。今年も多くの参加者が見込まれており、熱い試合が繰り広げられることでしょう。大会の詳細やスケジュール、会場案内などを以下で詳しく紹介しますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仙台七夕杯オープンシニアバドミントン大会概要

バドミントン ラケット シャトル

AnnetteによるPixabayからの画像

「仙台七夕杯 第25回東日本オープンシニアバドミントン大会」は、仙台市バドミントン協会が主催するシニア向けのバドミントン大会です。

今年で25回目を迎え、仙台市バドミントン協会設立75周年という記念すべき年に開催されます。

大会は2日間にわたり行われ、仙台市内の複数の会場で実施されますよ。

この大会は全国からシニアバドミントン愛好者が集まり、熱い試合が繰り広げられることでしょうね。

開催日時

2024年8月3日(土)と4日(日)に開催されます。

初日はAM9:00に会場が開場し、AM11:00から開会式が行われます。その後、各ブロックに分かれてリーグ戦が開始されます。

2日目はAM8:00に開場し、AM8:30から競技が開始されます。各ブロックの1位が1部、2位が2部、3位が3部のトーナメント戦が行われますよ。

この日程を把握して、ぜひ試合に間に合うようにお越しくださいね。

会場

大会は仙台市内の2つの会場で行われます。

第1会場は仙台市東総合運動場(宮城野体育館)で、住所は仙台市宮城野区新田4-1-1です。こちらには空調設備が完備されており、快適に試合ができますよ。

第2会場は仙台市青葉体育館で、住所は仙台市青葉区堤町一丁目1番5号です。こちらも空調設備が整っています。

各会場の詳細は大会公式ページで確認することができますので、ぜひチェックしてくださいね。

参加カテゴリー

「仙台七夕杯 第25回東日本オープンシニアバドミントン大会」では、男子、女子、混合の各年齢カテゴリーで試合が行われます。

50歳以上、55歳以上、60歳以上、65歳以上、70歳以上、75歳以上といった年齢ごとに細かく分かれています。

これにより、同じ年代のプレイヤー同士で競い合うことができ、公平な試合が期待されますね。

各カテゴリーに多くの参加者が集まり、熱い試合が繰り広げられること間違いなしですよ。

以上が「仙台七夕杯 第25回東日本オープンシニアバドミントン大会」の大会概要です。

興味のある方はぜひ参加を検討してみてくださいね。

仙台七夕 オープンバドミントン大会の競技規則と参加資格

「仙台七夕 オープンバドミントン大会」は、令和5年度の日本バドミントン協会の競技規則に基づいて実施されます。

これにより、選手たちは公平で一貫したルールの下で競技を楽しむことができますよ。

各種目の参加数が5組未満の場合、その種目は上のカテゴリーに統合されます。

この規則により、大会全体の進行がスムーズに行われるようになっています。

参加資格としては、日本バドミントン協会の登録者、または仙台市バドミントン協会の登録者であることが必要です。

さらに、仙台市バドミントン協会が認めた者も参加することができます。

これにより、多くのバドミントン愛好者が参加できるようになっていますね。

さまざまな年齢層やスキルレベルの選手たちが一堂に会し、熱戦を繰り広げますよ。

競技方法

初日はリーグ戦形式で行われ、選手たちは各ブロックに分けられます。

各ブロックでの試合が終了すると、2日目にはトーナメント戦が開始されます。

各ブロックの1位が1部、2位が2部、3位が3部のトーナメント戦に進みます。

これにより、全ての選手が少なくとも2日間にわたり競技を楽しむことができますね。

また、トーナメント戦では白熱した試合が期待され、観客も大いに盛り上がることでしょう。

選手たちは自分のブロックでの成績をもとに、次のステージでさらなる挑戦が待っています。

参加料

参加料は1人5,000円で、大会参加記念品も含まれています。

この参加料には、2日間にわたる最低3回以上の試合が含まれています。

初日にはリーグ戦形式で2試合が行われ、2日目にはトーナメント戦形式での試合が行われます。

これにより、選手たちは十分に競技を楽しむことができますよ。

また、参加記念品として特別なグッズが用意されています。

この記念品は、大会の思い出として長く残ることでしょう。

申込方法

参加希望者は、別紙申込書に必要事項を記入し、Excel添付メールにて大会事務局にお申し込みください。

申込期間は2024年5月1日から6月30日までです。

申し込み確認は、仙台七夕杯のページに掲載されるエントリーリストをご確認ください。

受信確認メールは送信されませんので、エントリーリストを必ずご確認ください。

参加料は郵便振込にてお支払いください。

振込先の詳細は、申込書に記載されています。

この申込方法に従うことで、スムーズに大会にエントリーすることができますね。

 

2024年仙台七夕杯公式ページ – 仙台市バドミントン協会┃公式ホームページ (sendaicity-bad.com)

会場アクセスと宿泊情報

大会の会場は仙台市内に複数あります。

参加者のために交通と宿泊の案内も提供されていますので、遠方からの参加でも安心です。

各会場とも空調設備が整っており、快適な環境で試合を楽しむことができますよ。

詳細な情報を以下に紹介しますね。

第1会場:仙台市東総合運動場(宮城野体育館)

第1会場である仙台市東総合運動場(宮城野体育館)は、仙台市宮城野区新田に位置しています。

住所は仙台市宮城野区新田4-1-1で、電話番号は022-231-1221です。

この会場は空調設備が整っているため、夏の暑さを気にせず快適に試合ができますよ。

アクセスも良好で、仙台駅からバスやタクシーで簡単に行くことができます。

近くには飲食店やコンビニもあり、便利な立地です。

試合の合間にリフレッシュする場所も充実しています。

第2会場:仙台市青葉体育館

第2会場は仙台市青葉区にある青葉体育館です。

住所は仙台市青葉区堤町一丁目1番5号で、電話番号は022-717-1191です。

この会場も空調設備が整っており、快適な環境でバドミントンを楽しむことができます。

交通アクセスも良く、地下鉄やバスでのアクセスが便利です。

周辺には宿泊施設も多く、宿泊先から会場までの移動もスムーズです。

大会参加者には特別料金の宿泊プランが提供されることもありますので、早めの予約をおすすめします。

宿泊情報

仙台市内には多くの宿泊施設があります。

大会期間中は特に予約が混み合うことが予想されますので、早めの予約が安心です。

参加者向けに提携しているホテルもあり、特別料金で宿泊できることもありますよ。

ビジネスホテルやシティホテル、ゲストハウスなど、様々なタイプの宿泊施設が選べます。

アクセスの良いホテルを選ぶことで、試合の日も余裕を持って行動できますね。

宿泊施設には、試合後にリラックスできる設備やサービスが整っているところも多いです。

交通手段

仙台市内の会場までの交通手段は多岐にわたります。

公共交通機関を利用する場合、JR仙台駅からバスや地下鉄が便利です。

バスは仙台市内の主要なスポットを結んでおり、乗り換えもスムーズに行えます。

また、タクシーを利用することで、より快適に移動できますね。

遠方からお越しの方は、仙台空港からのアクセスも良好です。

空港からはリムジンバスや電車で市内中心部まで簡単に移動できますよ。

周辺の観光スポット

仙台市は観光スポットも豊富です。

大会の合間に少し時間があるなら、ぜひ観光も楽しんでくださいね。

おすすめの観光スポットとしては、仙台城跡や瑞鳳殿があります。

また、仙台市内には美味しいグルメもたくさんあります。

特に牛タンやずんだ餅は仙台の名物ですので、ぜひ試してみてください。

観光とバドミントン、両方を楽しむことで、充実した時間を過ごせますよ。

まとめ

「仙台七夕 オープンバドミントン大会」は、競技と観光を楽しむ絶好の機会です。

熱い試合と共に、仙台の美しい七夕飾りや美味しいグルメを満喫できるでしょう。

参加者は、バドミントンの試合だけでなく、仙台の文化や歴史にも触れることができますよ。

大会期間中に開催される仙台七夕祭りでは、色鮮やかな七夕飾りが街中を彩ります。

仙台七夕祭りの魅力

仙台七夕祭りは、日本三大七夕祭りの一つで、その美しい飾りは全国的にも有名です。

祭り期間中、仙台市内の主要な通りには、大きな吹き流しや短冊が飾られます。

これらの飾りは、地元の商店街や企業が趣向を凝らして作成しており、見る者を圧倒しますよ。

また、夜にはライトアップされ、一層幻想的な雰囲気を楽しむことができます。

大会に参加する際には、ぜひ七夕祭りの会場も訪れてみてくださいね。

多くの観光客で賑わう仙台七夕祭りは、一見の価値があります。

仙台の美味しいグルメ

仙台といえば、やはり名物の牛タンが有名ですよね。

大会の合間に、美味しい牛タン料理を堪能してみてはいかがでしょうか。

また、ずんだ餅や笹かまぼこなど、地元の特産品もおすすめです。

市内には、これらの名物を楽しめるお店がたくさんありますので、食べ歩きも楽しみの一つですよ。

特に、ずんだ餅は仙台発祥のスイーツで、一度食べたら忘れられない美味しさです。

仙台に来たら、ぜひ地元のグルメを堪能してくださいね。

仙台の観光スポット

仙台には、バドミントン大会の合間に訪れることができる観光スポットがたくさんあります。

青葉城址(仙台城跡)は、伊達政宗が築いた城の跡地で、仙台市街を一望できる絶景スポットです。

また、瑞鳳殿は伊達政宗の霊廟で、その美しい建築と庭園が見どころです。

さらに、仙台市内には歴史的な建物や博物館も多く、学びながら観光を楽しむことができますよ。

他にも、秋保温泉や作並温泉など、リラックスできる温泉地もありますので、試合の疲れを癒すのにも最適です。

大会期間中にぜひ訪れてみてくださいね。

「仙台七夕 オープンバドミントン大会」は、競技と観光を同時に楽しめる素晴らしいイベントです。

皆さんのご参加を心よりお待ちしておりますね。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました