PR
スポンサーリンク
You can translate this page here.

仙台七夕が8月の理由は?なぜ?

この記事は約10分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

仙台七夕まつりは、毎年8月6日から8日にかけて開催されることで有名ですね。

でも、なぜ8月なのか気になったことはありませんか?

他の地域では七夕は7月7日ですよね?

この記事では、仙台七夕が8月に行われる理由について詳しく解説します。歴史的背景から現代の七夕まで、さまざまな視点から探っていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

江戸時代の仙台七夕

七夕飾り、七夕、吹き流し

いらすとや

仙台七夕は江戸時代から続く伝統行事であり、仙台藩祖・伊達政宗公の時代にはすでに行われていました。

仙台では「たなばたさん」として親しまれ、七夕に関する和歌が詠まれるなど、文化的なイベントとして定着していましたよ。

仙台七夕の歴史は深く、その起源は江戸時代にまで遡ります。

ここでは、伊達政宗公と七夕の関係、江戸時代の仙台七夕の飾りや風習について詳しく見ていきましょう。

伊達政宗公と七夕の和歌

仙台藩祖の伊達政宗公は、七夕に関する和歌をいくつも詠んでいます。

たとえば、元和4年(1618年)には「まれにあふ こよひはいかに七夕の そらさへはるる あまの川かせ」という和歌があります。

この和歌からも、政宗公が七夕を非常に大切にしていたことがわかりますね。

また、寛永4年(1627年)には「七夕の 一夜の契り 浅からす とりかねしらす 暁の空」と詠んでおり、七夕のロマンチックな雰囲気を伝えています。

これらの和歌は、当時の仙台での七夕がどれほど重要な行事であったかを物語っています。

さらに、これらの和歌は現在も仙台七夕の文化的価値を高める要素として大切にされています。

仙台七夕の飾りと風習

江戸時代の仙台では、七夕の飾りつけや風習が非常に盛んでした。

特に、笹竹に色とりどりの短冊や飾りを付けて軒先に立てる風習は、今も続いていますね。

これにより、七夕の夜空に願いを込めた人々の思いが映し出されていたのです。

また、江戸時代には、七夕の飾りとして紙の花や提灯なども使われ、非常に華やかでした。

農家では、田の神の乗馬として藁で作った七夕馬を屋根に上げ、豊作を祈る風習もありました。

このように、七夕の飾りや風習は、地域の人々の生活と密接に結びついていたのです。

仙台七夕と地域の結びつき

仙台七夕は、地域社会の結びつきを強める大切な行事でもありました。

江戸時代には、七夕の飾りつけは家族や地域の協力のもとで行われ、一体感が生まれていました。

この風習は現在も続いており、地域全体で七夕を楽しむ伝統が根付いていますね。

また、七夕の夜には、近隣同士で飾りを見せ合ったり、七夕歌を歌ったりするなどの交流も盛んでした。

こうした交流は、地域の絆を深める重要な役割を果たしていたのです。

そのため、仙台七夕は単なる祭りではなく、地域の絆を強める大切な機会となっていました。

7月6日に行われるようになった仙台七夕まつり

七夕まつり 提灯 夜空 浴衣

本来、七夕は旧暦の7月7日に行われる行事でしたが、仙台では伊達重村公の時代から1日繰り上げて7月6日に行われるようになりました。

これは、7月7日に起こった悲しい出来事を避けるためとされています。

具体的には、伊達重村公の子供が7月7日に亡くなったことが背景にあります。

そのため、仙台七夕まつりは7月6日に行われるようになったのです。

伊達重村公の時代の変更

仙台では、伊達重村公の時代から7月7日の行事を避け、7月6日に行うようになりました。

これは、重村公の子供が7月7日に亡くなったことに関連しているとされています。

この変更により、仙台七夕まつりは毎年7月6日に行われることが定着しました。

重村公の子供の死という悲しい出来事を避けるための配慮だったのですね。

このように、歴史的背景が仙台七夕の特別な日に影響を与えたのです。

仙台七夕まつりは、地域の人々の思いとともに続いてきた行事です。

13代藩主・伊達慶邦の随筆『やくたい草』によれば、仙台七夕もかつては他所と同じく7月7日に行われていたが、忠山公(伊達宗村)の代に「御さは(障)り」があってからこれを一日繰り上げて6日に行なうようになったという[2]。宗村の末娘・珋姫が宝暦12年(1762年)7月7日に亡くなっており(享年8)、「御さはり」とはこのことを指すと見られるが、この年は既に重村の治世であり、重村が妹の死を悼んでこのように日取りを改めたものと思われる。

引用:伊達重村 – Wikipedia

旧暦から新暦への変遷

明治維新以降、全国的に新暦が採用されるようになりました。

仙台七夕もこの影響を受け、新暦に合わせて8月に行われるようになりました。

新暦の採用により、旧暦7月7日の行事は新暦の8月7日に移行しました。

これにより、仙台七夕まつりは現在の8月6日から8日の3日間にわたって開催されるようになったのです。

この変遷は、現代の仙台七夕まつりの形を決定づけました。

仙台七夕まつりが8月に行われる理由は、こうした歴史的な背景にあります。

地域の伝統と現代の七夕まつり

仙台七夕まつりは、地域の伝統行事として深く根付いています。

旧暦から新暦への変遷を経て、現在の形になった仙台七夕まつりは、多くの観光客を魅了しています。

地域の人々が大切にしてきたこの行事は、今もなお続いています。

毎年8月には、美しい七夕飾りとともに、仙台の街が彩られます。

仙台七夕まつりは、地域の伝統と現代の文化が融合した素晴らしいイベントですね。

皆さんもぜひ、この素敵な七夕まつりを訪れてみてください。

今日の仙台七夕

昭和2年には、不景気を吹き飛ばすために仙台商人たちが七夕飾りを復活させました。この復活した七夕まつりは大成功を収め、翌年には8月6日から8日にかけて開催されるようになりました。これが現在の仙台七夕まつりの始まりです。

仙台七夕まつりは、今や全国から観光客が訪れる一大イベントとなっています。街中がカラフルな七夕飾りで彩られ、多くの人々がその美しさに魅了されますよ。特に、商店街を中心に様々な企画が行われ、祭りの雰囲気を一層盛り上げています。

この祭りの成功の背景には、仙台市民の協力と熱意があります。地元の商店街や企業が一体となり、毎年新しい工夫を凝らして祭りを進化させています。これにより、仙台七夕まつりは年々盛大さを増しているんですよ。

また、仙台七夕まつりは観光産業にとっても大きな影響を与えています。観光客が増えることで、地元の経済も活性化し、地域全体が賑わっています。まさに、仙台七夕まつりは地域を代表するイベントとして、全国に誇れるものとなっているのです。

商店街による七夕復活

昭和2年、仙台商人たちが七夕飾りを復活させ、仙台七夕まつりは再び盛大に行われるようになりました。これにより、仙台七夕の伝統は現代まで続いています。

仙台の商店街は、昭和初期に不景気を打破するために七夕飾りを復活させました。その時、商人たちはただの飾りではなく、地域のシンボルとしての七夕を再生させることを目指したのです。

特に、大町五丁目共同会での活動が大きな役割を果たしました。会長の佐々木重兵衛氏を中心に、桜井常吉氏や三原庄太氏らが協力して、町内全体で七夕を飾りつけました。この努力が実り、久しぶりに七夕飾りが街中に戻ってきました。

商店街の飾りつけは、単なる商業的な試みを超え、地域の誇りと結びついていました。地元の人々は七夕飾りを見て、昔ながらの風習が戻ってきたことに感動し、祭りを盛り上げるために積極的に参加しました。

その結果、街中が七夕飾りで溢れ、人々がその美しさに見入る光景が広がりました。これにより、仙台七夕まつりは一気に活気を取り戻し、地元の人々だけでなく、遠方からも多くの観光客が訪れるようになりました。

商店街の努力は、仙台七夕まつりを現代にまで引き継ぐ基盤を築きました。この伝統が今も続いているのは、当時の商人たちの情熱と努力の賜物です。現代の仙台七夕も、商店街の協力が欠かせない存在となっています。

観光イベントとしての進化

現在では、仙台七夕まつりは観光イベントとしても大きな人気を誇り、全国から多くの観光客が訪れます。ステージイベントやフードコートなど、様々な楽しみが満載です。

仙台七夕まつりは、観光イベントとしても大いに進化しています。地元の商店街や企業が主導し、多彩なイベントが催されることで、観光客を引きつけていますよ。

ステージイベントでは、地元のアーティストやパフォーマーが出演し、祭りを一層盛り上げます。音楽やダンス、伝統芸能など、幅広いジャンルのパフォーマンスが楽しめるのが特徴です。

また、フードコートでは、仙台ならではの美味しい食べ物がたくさん揃っています。牛タンや笹かまぼこなど、地元の名物を味わうことができるので、観光客にとっても大きな楽しみの一つです。

さらに、七夕飾りの製作体験コーナーも人気です。観光客が自分で飾りを作ることができるので、祭りの楽しさをより深く体験できます。これにより、訪れる人々は単なる見物客ではなく、祭りの一部として参加することができますよ。

このような多彩なイベントが揃うことで、仙台七夕まつりは観光客にとって魅力的なイベントとなっています。地域の人々と観光客が一体となり、祭りの楽しさを共有することができるのです。

観光産業への影響

仙台七夕まつりは観光産業にも大きな影響を与えています。毎年、多くの観光客が訪れることで、地元の経済が活性化していますよ。

観光客が増えることで、宿泊施設や飲食店、土産物店などが大いに賑わいます。これにより、地元の商店街や企業が潤い、地域全体の経済が活性化しています。

また、祭りの期間中には多くのイベントが行われるため、観光客の滞在時間が延びる傾向にあります。これにより、観光客は仙台市内の様々な観光スポットを訪れる機会が増え、地域全体が盛り上がります。

さらに、仙台七夕まつりはメディアにも多く取り上げられ、全国的な知名度が高まっています。これにより、仙台市への関心が高まり、観光客の増加につながっています。

このように、仙台七夕まつりは地域経済にとって非常に重要なイベントです。地元の人々が一体となって祭りを盛り上げることで、観光産業が発展し、地域全体が元気になります。

観光客にとっても、仙台七夕まつりは一度訪れる価値のあるイベントです。美しい飾りつけや多彩なイベントを楽しむことで、素晴らしい思い出が作れますよ。

戦後復活した仙台七夕まつり

終戦直後の昭和21年、焼け跡に52本の竹飾りが立てられ、仙台七夕まつりは復活しました。

その後、商店街の熱意により、現在の盛大な七夕まつりが築かれていきました。

昭和天皇の巡幸時には、5000本の竹飾りが迎えられるなど、大きな盛り上がりを見せました。

仙台の街全体が七夕まつりの復活を祝福し、その伝統を守り続けています。

昭和天皇の巡幸と七夕

昭和22年、昭和天皇が仙台を巡幸された際には、5000本の竹飾りが道沿いに立てられました。

この出来事は、仙台七夕まつりの復活と盛り上がりを象徴するものとなりました。

天皇の巡幸に合わせて、街全体が美しい竹飾りで彩られ、多くの人々がその光景を楽しみました。

巡幸を記念して、多くの写真や映像が残されており、当時の盛り上がりを今に伝えています。

この巡幸は、仙台七夕まつりが再び全国に知られるきっかけともなりました。

毎年、多くの観光客がこの歴史的な出来事を思い出しながら祭りを楽しんでいます。

観光イベントへの変貌

戦後、仙台七夕まつりは商店街振興から観光イベントへと変貌しました。

現在では、全国から観光客が訪れる大イベントとなっています。

飾りだけでなく、ステージイベントや飾りの製作体験コーナー、食の魅力がまるごと味わえるフードコートなど、様々な楽しみが満載です。

商店街はもちろん、地元の企業や団体も積極的に参加し、祭りを盛り上げています。

特に、華やかな飾りやライトアップが夜の街を彩り、訪れる人々を魅了します。

観光客は、歴史と現代の融合を楽しみながら、仙台の夏を満喫しています。

商店街の努力と熱意

戦後の復興期に、仙台の商店街は七夕まつりの復活に大きな努力を払いました。

昭和21年の復活当初は、資材や人手が不足している中、商店街の人々が一丸となって竹飾りを立てました。

その熱意は、街の人々に勇気と希望を与え、多くの人々が協力して祭りを成功させました。

商店街はその後も毎年、より美しい飾りを作り上げるために努力を続けています。

この努力の結果、仙台七夕まつりは現在も多くの人々に愛されるイベントとして定着しています。

商店街の人々の情熱と創意工夫が、祭りの魅力を一層引き立てています。

まとめ

仙台七夕まつりが8月に行われる理由は、歴史的な背景と現代のニーズに合わせた変遷にあります。

江戸時代から続く伝統行事が、時代とともに形を変えながらも受け継がれてきたのですね。

毎年8月に開催される仙台七夕まつりは、地域の人々の熱意と工夫により、今もなお多くの人々に愛されています。

今年の仙台七夕まつりも、ぜひ楽しんでくださいね。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました