PR
スポンサーリンク
You can translate this page here.

仙台七夕祭り2024 見どころは?

この記事は約16分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

2024年も、仙台市で盛大に開催される「仙台七夕まつり」。この夏、あなたも一緒に仙台の街を彩る華やかな七夕飾りや美しいイベントを楽しんでみませんか?ここでは、2024年の仙台七夕まつりの見どころを詳しくご紹介しますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. 七夕飾りの豪華さを堪能

七夕飾り、七夕、吹き流し

いらすとや

仙台七夕まつりといえば、やはり見どころは豪華絢爛な七夕飾りです。商店街にずらりと並ぶ笹飾りは、長さ5メートルから10メートルにも及び、その美しさは圧巻ですよ。特に「吹き流し」と呼ばれる長い紙の飾りは、機織りの上達を願うものですが、現代では手仕事一般の向上を願うものとして親しまれていますね。

七夕飾りは、古代中国から伝わる行事と日本の伝統が融合したものです。初代仙台藩主の伊達政宗が手芸の上達と豊作を願って奨励したことで、この風習が仙台に根付きました。それ以来、毎年8月6日から8日の3日間にわたり開催され、約200万人の訪問者が集まりますよ。

特に目を引くのが、JR仙台駅の西口から続くアーケード街に並ぶ豪華な笹飾りです。「吹き流し」と呼ばれる長い飾りは、色とりどりの和紙で作られており、その美しさは見る者を圧倒します。この吹き流しには、商売繁盛や健康長寿などの願いが込められていますよ。

笹飾りを見て歩くだけでも十分に楽しめますが、それぞれの飾りには特別な意味が込められています。例えば、短冊には学問や書道の上達を願い、紙衣は子どもの健康や裁縫の上達を祈ります。これらの意味を知りながら飾りを楽しむと、より一層の感動を得られるでしょうね。

七つ飾りの意味

七夕飾りには、それぞれ特別な意味が込められています。例えば、短冊は学問や書道の上達を願い、紙衣は子どもの健康や裁縫の上達を祈ります。他にも、折鶴は長寿と平和、巾着は商売繁盛や金銭的な安定、投網は豊漁、そしてくずかごは清潔と倹約を象徴しています。飾りの意味を知りながら歩くと、さらに楽しさが増しますね。

まず、「吹き流し」は機織りの上達を願うものです。織姫の織り糸を象徴しており、その華やかさは見る者を魅了します。

「短冊」は、学問や書道の上達を願って書かれるものです。昔は和歌や詩が書かれていましたが、現在では様々な願い事が書かれています。

「紙衣」は子どもの健康や裁縫の上達を祈るものです。紙で作られた小さな着物で、病気や災難から守ってくれると言われています。

「折鶴」は長寿と平和の象徴です。鶴の折り紙を多く作り、家族の無事を祈ります。

「巾着」は、商売繁盛や金銭的な安定を願うものです。伝統的な小物入れで、財布として使われることもあります。

「投網」は豊漁を願うものです。漁師が網を投げて魚を捕まえるように、幸運を広くつかむ意味があります。

「くずかご」は清潔と倹約を象徴します。無駄を出さず、物を大切にする心を表しています。

吹き流しの魅力

吹き流しは、仙台七夕まつりの象徴的な飾りです。長い紙の帯が風に揺れる様子は非常に美しく、見る者の心を引きつけます。

この吹き流しは、商店街ごとに趣向を凝らして作られ、それぞれに異なるデザインと色彩が施されています。

吹き流しの制作には、多くの時間と労力がかかります。地元の人々が一丸となって作り上げるその姿勢には、深い愛情と誇りが込められています。

また、吹き流しには商売繁盛や無病息災などの願いが込められており、その意味を知ることでさらに楽しめますよ。

祭り期間中は、吹き流しの間を歩くことができ、その美しさを間近で楽しむことができます。

是非、吹き流しの魅力を存分に感じながら、仙台七夕まつりを楽しんでくださいね。

歴史と伝統

仙台七夕まつりの歴史は、江戸時代にまで遡ります。初代仙台藩主の伊達政宗が手芸の上達と豊作を願って奨励したことが始まりです。

その後、明治維新や戦争の影響で一時中断されましたが、1927年に商人たちが復活させました。

現在では、毎年200万人以上が訪れる大規模な祭りとなり、全国的に知られるようになりました。

七夕飾りは、地元の人々が3月頃から手作りで準備を始め、その努力が実を結びます。

祭りの期間中、仙台の街は七夕色に染まり、訪れる人々を魅了します。

是非、歴史と伝統を感じながら、仙台七夕まつりを楽しんでくださいね。

2. 仙台七夕花火祭

花火

HansによるPixabayからの画像

仙台七夕まつりの前夜祭として行われる「仙台七夕花火祭」も見逃せません。

2024年は8月5日に開催され、約1万6000発の花火が夜空を彩ります。

仙台西公園付近が会場となり、迫力満点の花火を楽しむことができますよ。

家族や友人と一緒に、夏の夜を満喫しましょう。

開催日時と場所

仙台七夕花火祭は、毎年8月5日の夜に開催されます。

会場は仙台市内の西公園付近で、広々とした公園内でゆっくりと花火を楽しむことができます。

この場所は、仙台駅からもアクセスが良く、公共交通機関を利用して簡単に訪れることができますよ。

花火の打ち上げは19:15から始まり、約1時間半の間に1万6000発の花火が夜空を美しく彩ります。

特に見どころは、フィナーレの大きな花火が連続で打ち上げられるシーンで、多くの観客がその迫力に感動します。

花火を楽しむために、早めに場所取りをすることをおすすめします。

花火の見どころ

仙台七夕花火祭では、さまざまな種類の花火が楽しめます。

例えば、大きな打ち上げ花火から、音楽と連動して打ち上げられるミュージック花火などがあります。

特に、色とりどりの花火が夜空に描く美しい模様は見逃せません。

また、フィナーレには連続して打ち上げられる大規模な花火があり、観客の心を奪います。

この花火祭は、子どもから大人まで楽しめるイベントで、家族連れやカップルにも大人気です。

会場内では、花火の迫力を間近で感じることができるので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

花火祭の楽しみ方

仙台七夕花火祭を楽しむためには、いくつかのポイントがあります。

まず、会場周辺は非常に混雑するため、早めに現地に到着して場所を確保することが重要です。

特に人気のスポットは、早い時間から多くの人が場所取りを行っていますので、余裕を持って行動しましょう。

また、花火をより楽しむために、レジャーシートや折りたたみ椅子を持参すると便利です。

さらに、飲み物や軽食を持参して、ピクニック気分で花火を楽しむのも良いですね。

花火祭は夜間のイベントですので、防寒対策も忘れずに行いましょう。

アクセスと交通手段

仙台七夕花火祭の会場である西公園へは、公共交通機関を利用するのが便利です。

仙台駅から徒歩で約15分程度の距離にあり、アクセスが非常に良好です。

また、花火祭当日は交通規制が行われるため、自家用車での来場は避けた方が無難です。

電車やバスを利用して、スムーズに会場へ向かいましょう。

特に、JR仙石線や地下鉄南北線を利用すると便利ですよ。

さらに、花火祭終了後は多くの人が一斉に帰宅するため、混雑を避けるために早めに帰宅するか、余裕を持って行動することをおすすめします。

安全に楽しむための注意点

仙台七夕花火祭を安全に楽しむためには、いくつかの注意点があります。

まず、会場周辺は非常に混雑するため、お子様連れの方は迷子にならないように注意が必要です。

また、花火を楽しむ際には、ゴミの持ち帰りを徹底し、会場を清潔に保つことが大切です。

さらに、会場内では火気の使用が禁止されているため、花火やバーベキューなどは禁止されています。

飲酒も控えめにして、周りの人に迷惑をかけないように楽しむことが求められます。

もし、混雑が苦手な方は、少し離れた場所からでも花火を楽しむことができますので、自分に合った方法で花火祭を満喫してくださいね。

安全に配慮しながら、素敵な夏の思い出を作りましょう。

3. 瑞鳳殿七夕ナイト

 

伊達政宗公の御廟がある瑞鳳殿で行われる「瑞鳳殿七夕ナイト」も必見です。

1200本以上の竹灯篭が幻想的にライトアップされ、歴史とロマンが交差する美しい光景が広がります。

この特別なイベントは、8月6日から8日の夜に開催されますよ。

歴史的な背景を持つ瑞鳳殿での七夕ナイトは、訪れる人々にとって忘れられない体験となるでしょう。

仙台城跡ナイトフェス「宵灯り」

仙台城跡でもナイトイベントが開催され、「宵灯り」として美しいライトアップが楽しめます。

歴史的な場所での幻想的な夜を堪能してみてくださいね。

仙台城跡は、伊達政宗公の居城として知られ、多くの歴史ファンに愛されている場所です。

「宵灯り」は、その歴史的な背景に合わせたライトアップが施され、訪れる人々に独特の雰囲気を提供します。

竹灯篭や提灯が織りなす光の演出は、夜の城跡を一層魅力的に見せてくれますよ。

友達や家族と一緒に訪れて、素敵な夜のひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

4. 屋台で味わう仙台グルメ

七夕まつりのもう一つの楽しみは、豊富な屋台グルメです。

仙台名物のずんだシェイクや牛タン焼き、海鮮焼きなど、美味しい食べ物が盛りだくさん。

お祭りの雰囲気を味わいながら、美味しい料理を楽しみましょう。

それでは、屋台で楽しめる仙台グルメについて詳しく見ていきましょう。

ずんだシェイク

仙台と言えば「ずんだ」ですよね。

「ずんだ」とは、枝豆をすりつぶして作られる甘いペーストのことです。

ずんだシェイクは、このずんだペーストをミルクシェイクに混ぜ込んだもので、

仙台を訪れる観光客に大人気のスイーツです。

屋台で手軽に味わえるこのシェイクは、暑い夏の七夕まつりにぴったりの一品ですよ。

ぜひ、ひんやりとした甘さを楽しんでくださいね。

 

牛タン焼き

仙台の名物といえば「牛タン焼き」です。

厚切りでジューシーな牛タンは、仙台を訪れたら必ず食べておきたい逸品です。

屋台でもこの美味しい牛タンが楽しめますので、ぜひ立ち寄ってみてください。

香ばしい香りとともに、焼きたての牛タンを堪能できますよ。

お祭りの雰囲気の中で食べる牛タンは格別です。

ぜひ、屋台でこの仙台名物を楽しんでくださいね。

 

海鮮焼き

仙台は海にも近いので、新鮮な海の幸も楽しめます。

屋台では、牡蠣やホタテなどの海鮮焼きが人気です。

その場で焼かれる海鮮の香りと味は、一度食べたら忘れられません。

特に牡蠣は、屋台で大ぶりのものが手に入ることが多いので、

都会ではなかなか味わえない贅沢な一品としておすすめです。

ぜひ、新鮮な海の幸を屋台で楽しんでくださいね。

また、飲食店では期間限定の七夕丼をやっているところもあるようですよ。

笹かまぼこ

仙台名物の一つに「笹かまぼこ」があります。

魚のすり身を笹の葉の形に成形して焼き上げたもので、

その独特の風味と歯ごたえが人気です。

屋台では、この笹かまぼこを焼きたてで提供しているところがあり、

その場でアツアツの笹かまぼこを味わうことができます。

冷たい状態で食べるのとはまた違った美味しさを楽しんでください。

ぜひ、焼きたての笹かまぼこを堪能してみてくださいね。

その他の屋台グルメ

仙台の屋台では、他にもたくさんの美味しい料理が楽しめます。

例えば、地元の特産品を使ったお好み焼きや、

香ばしい焼きそば、そして甘いデザートなど。

どれもお祭りの雰囲気を一層盛り上げてくれます。

屋台を巡りながら、いろいろな味を楽しんでみてください。

きっと、仙台の美味しいグルメを満喫できることでしょう。

ぜひ、いろいろな屋台を訪れて、お祭りのグルメを堪能してくださいね。

5. 仙台七夕まつりのアクセス情報

仙台七夕まつりの会場は、JR仙台駅周辺の商店街がメインです。公共交通機関を利用してアクセスするのが便利ですよ。会場周辺では車両の通行が制限されるため、電車やバスを利用するのが良いでしょう。

JR仙台駅からのアクセス

仙台七夕まつりのメイン会場はJR仙台駅の西口に位置しています。駅から徒歩圏内にあるため、電車でのアクセスが非常に便利です。

東京から新幹線で約1時間半で仙台駅に到着しますので、首都圏からの日帰り旅行も可能ですよ。

仙台駅に着いたら、駅西口を出てすぐに商店街が広がっており、七夕飾りが見えてきます。迷わずにアクセスできるのが嬉しいですね。

祭り期間中は駅周辺が非常に混雑するため、時間に余裕を持って行動すると良いでしょう。特に夕方以降は人が多くなるので、早めの移動をおすすめします。

スマホアプリや公式サイトでリアルタイムの混雑情報をチェックすると、さらにスムーズに移動できます。

また、駅周辺には観光案内所もありますので、道に迷ったり情報が必要な場合は立ち寄ってみてくださいね。

バスでのアクセス

仙台市内の主要な観光スポットやホテルから、仙台七夕まつり会場へのバスも運行しています。バスの利便性を活用すると、雨の日や荷物が多い時に便利ですよ。

バスは仙台駅西口のバスターミナルから発着しており、中心部を通るルートが多いです。例えば、「るーぷる仙台」という観光地を巡るバスもあり、七夕まつりの会場に行く途中で他の観光スポットも楽しめます。

バスの時刻表やルートは公式サイトやアプリで確認できます。特に祭り期間中は臨時便も増発されるので、最新の情報をチェックしておくと便利です。

ICカード(SuicaやPASMO)が使えるので、乗り換えや運賃の支払いもスムーズですよ。

会場周辺のバス停からは、徒歩で数分程度でメインストリートに到着します。バスを降りたらすぐに七夕飾りが見えるので、迷うことはありませんね。

バスは電車と違って天候に左右されないので、雨天時や荷物が多い時に特におすすめです。

車でのアクセスと駐車場情報

仙台七夕まつりの期間中は、会場周辺で一部の道路が封鎖される交通規制があります。車でのアクセスは可能ですが、事前に駐車場の確保が必要です。

会場周辺には多数の有料駐車場が設けられており、公式サイトで事前に駐車場情報を確認すると安心です。特に臨時駐車場も設置されるので、駐車スペースが心配な方は早めにチェックしておくと良いでしょう。

例えば、西公園や宮城県庁周辺の駐車場が利用できます。そこから会場までは徒歩10分程度ですので、アクセスは比較的便利です。

ホテルに宿泊する場合、ホテルの駐車場を利用するのが最も便利です。事前にホテルに駐車場の有無を確認し、予約しておくとスムーズです。

交通規制の影響を受ける可能性があるため、余裕を持った移動計画を立てることが大切です。祭り期間中は混雑が予想されるため、公共交通機関の利用も併せて検討すると良いですよ。

また、車でアクセスする場合は、周辺の観光スポットや飲食店も合わせて楽しむことができるので、家族連れやグループでの参加におすすめです。

まとめ

2024年の仙台七夕まつりは、華やかな七夕飾りや幻想的なライトアップ、美味しいグルメが満載のイベントです。歴史と伝統が息づくこの祭りを楽しみながら、夏の思い出を作ってくださいね。ぜひ、家族や友人と一緒に訪れて、仙台の魅力を堪能しましょう。

仙台七夕まつり - 伊達政宗公の時代より続く、日本一の七夕。
仙台七夕まつりのウェブサイト。開催日程など各種情報の他、おすすめの楽しみ方などもご案内します。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました