PR
スポンサーリンク
You can translate this page here.

青空文庫の人気作品10選:読書感想文にもおすすめ【夏休みの宿題】

この記事は約6分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

青空文庫は、日本の著名な文学作品を無料で提供する素晴らしいリソースですよ。

多くの人々がアクセスしている人気作品を紹介しますね。

この記事では、2021年と2022年の7月と8月のアクセスランキングを基に、読者に愛されている作品を詳しく見ていきましょう。(2023年のランキングは公表されていませんでした。)

この時期にアクセスが多いということは夏休みの宿題「読書感想文」の題材として選んでいる人も多いと思いますよ。

読書感想文のコツやテンプレートも紹介しますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

読書感想文を青空文庫で無料でやろう

カフェ 読書
青空文庫は、著作権が切れた名作文学を無料で提供する素晴らしいオンラインリソースです。

特に学生にとって、読書感想文を書くための素材を探すのに最適な場所ですよ。

この記事では、青空文庫を活用して読書感想文を書く方法を紹介します。

初めての人でも簡単に利用できるように、具体的なステップとおすすめの作品を詳しく解説しますね。

青空文庫の利用方法

青空文庫の利用は非常に簡単です。

まず、青空文庫のウェブサイトにアクセスします。

サイト内の検索バーを使って、興味のある作品や著者の名前を入力してください。

例えば、「夏目漱石」や「太宰治」と入力すると、それらの著者の作品一覧が表示されますよ。

そこから読みたい作品を選んで、リンクをクリックするだけで、テキストが表示されます。

スマホやタブレットでも利用可能なので、いつでもどこでも読書が楽しめますね。

おすすめの短編作品

読書感想文を書くのに適した短編作品をいくつか紹介します。

短編作品は読みやすく、感想文を書くのに必要な時間も短くて済みますよ。

例えば、夏目漱石の「坊っちゃん」や、太宰治の「走れメロス」は非常に人気があります。

また、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」も、幻想的な世界観が魅力的で感想文の題材にぴったりです。

さらに、芥川龍之介の「羅生門」や「蜘蛛の糸」も深いテーマを持っているので、書きやすいですね。

これらの作品を選ぶことで、読書感想文がより充実した内容になりますよ。

読書感想文の書き方

読書感想文を書く際には、まず作品の概要を簡潔にまとめましょう。

次に、作品を読んで感じたことや考えたことを具体的に書きます。

例えば、登場人物の行動や心情に共感した点、疑問に思った点などを挙げると良いですよ。

さらに、自分自身の経験と照らし合わせて考えたことを付け加えると、より深い内容になります。

最後に、作品全体の感想や学んだことをまとめて締めくくりましょう。

これらのポイントを押さえて書くことで、読書感想文が一層魅力的になりますよ。

読書感想文のテンプレート

カフェ 読書

読書感想文を書くのが苦手な方でも、簡単に書けるテンプレートを使えばスムーズに進められますよ。

特に小学生や中学生は、どのように書き始めればいいか分からないことが多いですよね。

この章では、読書感想文のテンプレートを紹介し、具体的な使い方を解説します。

これを読めば、誰でも素晴らしい感想文が書けるようになりますよ。

基本構成とポイント

まずは読書感想文の基本構成について説明しますね。

感想文の基本構成は、以下の4つのパートから成り立っています。

1. 導入部分:本のタイトル、著者名、なぜこの本を選んだか。

2. 内容の要約:本の主なストーリーや重要なポイント。

3. 感想:読んで感じたこと、考えたこと、自分の経験との関連。

4. 結論:本を読んで得たことや今後の影響。

この基本構成を守ることで、読みやすく分かりやすい感想文が書けますよ。

導入部分の書き方

導入部分では、まず本のタイトルと著者名を明記しましょう。

次に、なぜこの本を選んだのか、その理由を簡潔に述べます。

例えば、「友達に勧められた」「学校の課題だった」「表紙が魅力的だった」などです。

導入部分は読者に対する自己紹介のようなものですので、わかりやすく書くことが大切です。

以下は導入部分の例です。

 

「夏目漱石の『こころ』を読みました。この本を選んだ理由は、友人がとても感動したと言っていたからです。

また、漱石の他の作品も読んでみたかったので、この機会に挑戦しました。」

 

このような内容を主軸にして文字数を増やしてください。

内容の要約の書き方

内容の要約部分では、本の主なストーリーや重要なポイントを簡潔にまとめます。

あまり詳細に書きすぎず、要点を押さえた短い文章にしましょう。

この部分では、物語の流れや主要な出来事を読者に伝えることが目的です。

以下に例を示します。

 

「『こころ』は、主人公の『私』が『先生』と出会い、彼の過去と心の葛藤を知る物語です。先生の友人Kとの関係が複雑で、最後にはKが自殺してしまいます。

その出来事が先生に深い影響を与え、彼の人生を変えてしまいます。」

このような内容を主軸として肉付けしていくと良いですよ。

感想の書き方

感想部分は、読書感想文の中で最も重要な部分です。

自分が読んで感じたこと、考えたこと、自分の経験と関連づけて書きます。

ここで自分の意見や感じたことを自由に書いてください。

例としては、

 

「この本を読んで友人との関係について考え直しました。先生の心の葛藤が自分にも共感できる部分が多く、心に響きました。」

 

という感じで文字数を膨らますようにしてみてください。

結論の書き方

結論部分では、本を読んで得たことや今後の影響についてまとめます。

感想を基にして、今後どうしていきたいか、どのように自分に役立てるかを書きます。

例えば、

 

「この本を読んで、自分ももっと友人との関係を大切にしようと思いました。また、心の葛藤に対しても、もっと正直に向き合おうと決意しました。」

 

以上が読書感想文の基本的な書き方とテンプレートの紹介です。

このテンプレートを使えば、初めて感想文を書く方でもスムーズに進められますよ。

ぜひ、読書感想文を書くときの参考にしてくださいね。

 

続いて青空文庫で読めるアクセス数が多いおすすめ作品を10個ご紹介しますね。

青空文庫の夏休み期間にアクセスが多い作品

夏休みは多くの人が読書に時間を費やす絶好の機会ですよね。

そんな時期に特に人気があるのが青空文庫の作品です。

ここでは、夏休み期間中にアクセスが急増する作品をいくつか紹介します。

これらの作品は、普段は忙しくて読めない方々にもおすすめですよ。

こころ(夏目漱石)

「こころ」は、夏目漱石の代表作の一つです。

この作品は、人間関係の複雑さや心理の奥深さを描いており、多くの読者に共感を与えますよ。

物語は「先生」と「私」の視点を通じて進行し、友情や裏切り、そして罪の意識がテーマとなっています。

特に夏休み期間中は、心に響く物語をじっくりと味わうのに最適な時間ですね。

夏目漱石の細やかな心理描写が、この作品の魅力を一層引き立てています。

「こころ」を通じて、漱石の世界に浸ってみてください。

人間失格(太宰治)

太宰治の「人間失格」も、夏休み期間に人気の高い作品です。

この作品は、主人公大庭葉蔵の自伝的な物語で、人間の弱さや孤独を深く掘り下げています。

特に若い世代に強い共感を呼び、何度も読み返したくなる作品ですよ。

夏休みの時間を利用して、太宰治の重厚な文章をじっくりと味わってみてください。

この物語の中で描かれる孤独や絶望、そして希望の光は、読者に深い感動を与えます。

「人間失格」を通じて、自分自身の内面と向き合ってみるのも良いかもしれませんね。

ほかにも魅力的な作品があるよ

ほかにも魅力的な作品がありますよ。

上記の作品を含めておすすめ作品10選を次のページから紹介していきますね。

読書感想文のポイントも一言書きましたので、作品選びの参考になれば幸いです。

夏休みの宿題ですが、夏休み前に読んでおいて準備しておくのも良いですよ。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました