You can translate this page here.
スポンサーリンク

新型コロナ後遺症とワクチン後遺症にEATが有効!? 仙台の病院は?

新型コロナウイルス
https://www.irasutoya.com/2021/03/blog-post_30.html
この記事は約8分で読めます。

新型コロナウイルスの陽性者が高止まりを続けていますが、話題になっているのが後遺症ですね。

味覚・嗅覚障害が続いている。

だるさや疲労感が抜けないなど言われています。

そのような症状に効果的な治療法が未だに確定していませんが、EATという治療をされた方に症状が緩和したり、改善された方が多いと聞きます。

 

ワクチン後遺症に関しては政府は否定しておりますが、実際に苦しまれている方がいらっしゃるのは事実のようです。
どんな薬にも副作用はありますし、体質によっても薬の合う合わないがありますので可能性としてはありうると考えます。

何よりつらい症状が緩和する可能性のある方法があるのであれば試してみる・専門医に相談してみることも必要だと考えます。

そこで仙台にEAT療法をしてくれる病院が無いか調べてみました。

スポンサーリンク

EATとは?

https://www.irasutoya.com/2021/03/blog-post_30.html

EATとは、鼻の奥の粘膜部である上咽頭を塩化亜鉛溶液を染み込ませた綿棒で擦り付けて炎症粘膜を治療する方法です。

正常な上咽頭部の粘膜表面には繊毛があり、その場所に活性化されたリンパ球が多数あることがわかっています。
免疫(外部から来た異物を退治する)である活性リンパ球が多数あることで、そこにウイルスや細菌が入り込んでもすぐに退治することができます。

 

その上咽頭の粘膜が慢性的に炎症を起こしている状態の病気が慢性上咽頭炎と言われ、投薬などの治療では完治が難しいようです。

そこでできたのがこのEAT(上咽頭擦過治療)です。

炎症を起こしている上咽頭の粘膜を塩化亜鉛溶液を染み込ませた綿棒で直接擦ることで炎症で脆くなった粘膜を一旦壊しながら再生をさせていくというものですね。

以前は「Bスポット治療」とも言われていたようです。

 

詳しくは下記サイトに説明されています。

慢性上咽頭炎 | 日本病巣疾患研究会
「慢性上咽頭炎」の症状と原因、その治療法EAT(上咽頭擦過治療)について。「朝起きると痰が絡む」「のどがイガイガする」「のどの奥が詰まった感じがする」このような自覚症状はありませんか?慢性上咽頭炎の研究とその概念の普及は日本病巣疾患研究会(JFIR)の重要な課題と位置付けております。

 

EATは後遺症に効果があるのか?

後遺症のうち、嗅覚・味覚障害と言われますが実際は嗅覚異常が悪さしていると考えられています。

実際にみなさんも鼻詰まりなどで匂いを感じなくなると、何を食べても味がしなかった経験があると思います。ですので嗅覚異常が改善されれば味覚も改善する可能性があります。

 

またEATは新型コロナウイルス禍が始まる前よりある治療法で、鼻の奥の粘膜の治療法ではありますが、当時から全身症状が改善することが知られています。

先程もご紹介したサイトにも詳しく掲載されていますが、一部抜粋させていただきますと、

 

慢性上咽頭炎が関与しうる疾患と症状

上咽頭炎による直接症状(放射痛を含む) 咽頭違和感、後鼻漏、咳喘息、痰、首こり、肩こり、頭痛、耳鳴り、舌痛、歯の知覚過敏、多歯痛、顎関節痛など
自律神経系の乱れを介した症状 全身倦怠感、めまい、睡眠障害(不眠・過眠)、起立性調節障害、記憶力・集中力の低下、過敏性腸症候群(下痢・腹痛など)、機能性胃腸症(胃もたれ、胃痛など)、むずむず脚症候群、慢性疲労症候群、線維筋痛症など
病巣炎症として免疫を介した二次疾患 IgA腎症、ネフローゼ症候群、関節炎、胸肋鎖骨過形成症、掌蹠嚢疱症、乾癬、慢性湿疹、アトピー性皮膚炎など

堀田修 「道なき道の先を診る」2015年. 医薬経済社

引用:https://jfir.jp/chronic-epipharyngitis/

 

コロナ後遺症やワクチン後遺症と言われる症状に似ていませんか?

  • 頭痛
  • 耳鳴り
  • 全身倦怠感
  • めまい
  • 記憶力・集中力の低下
  • 過敏性腸症候群
  • 慢性疲労症候群
  • 線維筋痛症
  • 慢性湿疹

 

実際に医師も後遺症にEATが効果的かもしれないと発信されていますね。

トピック: 新型コロナウイルス感染症後遺症治療としての上咽頭擦過療法(EAT)と鼻内翼口蓋神経節刺激法(INSPGS)の効果と作用機序仮説、および鼻うがいのCOVID予防効果 | JFIR広場
[院長コラム] 新型コロナウィルス感染症の後遺症にEAT(Bスポット療法 =上咽頭擦過治療)が有効?! | ゆいクリニック (沖縄市の産婦人科)
新型コロナウイルス感染症の後遺症(Long COVID) 新型コロナウイルスに感染した後、後遺症が長期にわたって続くことがあることが報告されています。 また、発症直後にみられなかった脱毛などの症状が数ヶ月後に出現することもあり、日常生活に支
新型コロナ感染症・後遺症の記事
東京渋谷で内科・消化器内科・糖尿病科・呼吸器内科・健診・人間ドック・胃カメラ・大腸カメラ・漢方専門外来を行っています。
Bスポット療法(=EAT)とは?
新型コロナ後遺症(いわゆるロングコビット)、その中の全身倦怠感持続にこのBスポット療法が約70%に効果ありとの発表が2021年9月19日の日本病巣疾患研究会で発表されました。 また、私の経験ではコロナワクチン接種後の持続する(1週間以上)倦怠感にも効果が見られます。お悩みの方は是非ご相談ください。

 

またEATを定期的・継続的に行うことにより、新型コロナウイルスの受容体発現を低下させる可能性があるという研究結果も出ています。

福岡歯科大学の研究で、2022年1月にプレスリリースされています。

https://www.fdcnet.ac.jp/col/files/uploads/pressrelease20220111.pdf

 

スポンサーリンク

EATは痛い!?

EATは痛い!?って聞くけどどうなの?

 

上咽頭の粘膜が炎症を起こしている場合は

 

超痛い~~!!

 

です(笑)

 

炎症で弱っている粘膜を遠慮なくゴシゴシしますので当然ながら痛いです。
痛いってことは上咽頭炎がひどいということです。

ですがここは治るために我慢です!!

 

私の友人がコロナとは関係なくEATを受けて来ましたが、やはり慢性上咽頭炎だったらしくかなり痛かったようです。

どんなに患者が痛がっても容赦なくEATをしてくれる医師が名医です(笑)
手加減をするとそれだけ擦れていない粘膜部分が残ってしまいますので、心を鬼にしてEATします(笑)

 

実際友人は痛いことと、炎症がひどいときは術後に鼻血がダバ~~っと出ることを聞いていましたので、新品の箱ティッシュを装備していきいました!

結果、箱ティッシュの半分を使用したようです・・・(笑)

数日じんじんと鼻の奥が痛かったようですが、落ち着けばなんともないようです。

現在では治療が進んで、上咽頭の炎症もほとんど治まったので、綿棒グリグリされてもあまり痛くは無いようで、もちろん術後に鼻血が出ることもほとんどなくなったようですよ。

 

まぁ、この痛みと鼻血の話が出るので、なかなかEATを受ける勇気がわかないんですけどね。

 

仙台でEATを受けることができる病院は?

EATは慢性上咽頭炎の治療法の一つですので、耳鼻咽喉科で受けることができます。

 

が、しかし、耳鼻咽喉科でもEATをやっていないクリニックもありますし、また「心を鬼にして・・・」ってやってくださる医師も選ばないといけません。

 

幸運なことに仙台にはEATの専門家の医師がいますよ!

 

「堀田 修クリニック」

その方が堀田修先生です。

友人もここに通って治療を続けています。

 

ホームページはこちらです。

EAT(Epipharyngeal Abrasive Therapy、上咽頭擦過治療) | 堀田修クリニック|宮城県仙台市の内科医院。内科疾患全般・腎疾患・生活習慣病治療、臨時透析対応

 

  • 診療時間
    8:30 〜11:30(新患は10:00 まで)
    13:30 〜17:30(新患は15:00 まで)
    木・土の新患受付は8:30 〜9:00
  • 休診日 木午後・土午後・日・祝祭日
  • 要予約

 

長町三好耳鼻咽喉科医院

こちらの病院でもEAT(Bスポット療法)を行っています。

 

ホームページはこちらです。

のどでお悩みの方|仙台市太白区長町(あすと長町)の耳鼻科 長町三好耳鼻咽喉科医院
仙台市太白区長町(あすと長町)の耳鼻科・小児耳鼻咽喉科、長町三好耳鼻咽喉科医院。Bスポット療法(EAT)といった治療法やのどの異常感、扁桃炎、せき、声かれ、口内炎、声帯ポリープ、異物など、のどに関する疾患や治療法を紹介しています。長町駅から徒歩5分で便利。近隣の名取市、岩沼市、宮城野区、若林区、青葉区、泉区などからも患...続きを読んで☆

 

  • 診療時間 月〜水・金9:00〜12:00
    14:30〜18:00
    土9:00〜12:00
  • 休診日 木・日・祝祭日
  • 予約不要(オンラインでも当日順番予約ができます)

 

東北医科薬科大学病院 腎臓内分泌内科

EATを行い慢性上咽頭炎を改善させると一部の腎臓病も寛解することがわかっています。
ですので【腎臓内分泌内科】でEATが受けられるようです。

ただし、こちらの病院では腎臓病に関してのEATのみで、腎臓病が無い方の慢性疲労や後遺症での受診はできないようです。

 

スポンサーリンク

まとめ

ロングコーヴィット(Long Covid)と言われている新型コロナ感染症の後遺症の治療法となりうる可能性が高い方法がEAT(Bスポット療法)です。

また公式には認められていないワクチン後遺症に関してもEATで改善したという報告もあります。

大変刺激的な治療法ですが、鼻血が出る、かなり痛いというデメリットくらいですので、後遺症でお悩みの方は上記の医師に相談をしてみるのも一つの手だと思います。

正直今回の後遺症に関しては研究が進んでいないものでもありますのでわからないことが多いです。

しかし、手探りでも効果が高い方法が見つかりつつあるので試してみるのも良いと思います。

またEATは保険がききますので、治療費もそこまで高額ではありません。

友人は2回目以降のゴシゴシ擦るだけだと数百円の治療費だったと言っていましたよ。
状態により、変わると思いますので、まずはお問い合わせをしてみてください。

 

後遺症で悩まれている方々が一日も早く回復されることを祈っております。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました